• DSC_4872
  • エフェクターボード パッチケーブル製作
  • 2017/11/13
  • Category:
  • エフェクターも複数になるとボードを組む方も多いと思います。今回は市販のパッチケーブルを使ってのトラブルですが、長さが設置したい位置により長すぎてしまい、無理に曲げて配線すると断線してしまう等のトラブルになる事も多くなります。DSC_4869 今回はエフェクターの動作がおかしいとの事で相談に持ち込まれたのですが、エフェクター本体に問題は無く原因はパッチケーブルにありました。ケーブルを動かすと音が出なくなります。ベルデンの太いケーブルを無理矢理曲げ取り付けていますので断線が起こっていました。音が出なくなる原因が起きている部分、新たに断線が起こるかもしれない部分を改良する事になりました。またエフェクターの側面にスイッチがあるタイプですと普通のプラグでは大きくてスイッチ部が隠れて押せなくなる事もあり不便な仕様になっているのも改善できます。DSC_4870 ボードを組む際のエフェクターのパッチケーブルはフリーザトーンのケーブル・プラグが便利です。プラグは小さく配線は細く柔らかいのでかなり細かい隙間も這わせて配線できます。今回は片方のストレートプラグは流用して製作する内容です。DSC_4871 DSC_4872見た目もかなりスッキリしますね。今回は部分的修正だったので必要な部分のみでしたが音質も良いケーブルとプラグなので機会があれば全て統一してもいいですね。エフェクターの台数が多くなる程に取り付けも容易になるケーブルですので、ボードを組む際にオススメしたいケーブルとプラグです。作業後は無事に問題無く音が安定して出る様になりました。

    ありがとうございました♪


    ~今回のリペアプラン~

    ・ケーブル製作1本・・・1000円


    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線  田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    http://dns-guitar.jp/