• Screenshot_2015-06-22-19-13-17
  • プレック
  • 2015/06/22
  • Category:
  • Screenshot_2015-06-22-19-13-17

    自動フレットすり合わせ機「プレック」にて。

    時代が未来に進んだと感じる機械です♪

    ギター・ベースリペアでもフレットすり合わせはかなり需要が高いです。フレットは弾けば減りますから、リペアの頻度も高くなります。

    そんな中、機械が全自動でフレットすり合わせをしてくれる「プレック」という機械が出てきました。

    弦を張った状態でネック状態を機械がスキャン、セッティングに合わせ最適なすり合わせ方を計算しすり合わせしてくれる物なのです。

    フレットすり合わせでいつも手作業でやっている大変な作業を全自動・短時間で仕上げてしまう、そんな便利な機械です!

    自分のブログ記事ですり合わせの内容にはよく出てくる「ハイ起き」等、ネックはストレートではなく狂いが出てる物が多い為、フレットすり合わせもその状態を把握して行う為、状態によりやり方が変わってきます。

    すり合わせの際に大きなポイントは弦が張った状態・張ってない状態だとネック状態が違う事。

    なのですり合わせは毎回「弦を張って確認する」作業をしています。弦を張った状態で良いネック状態にならないと意味がないですからね。

    弦を張った状態を計算しすり合わせする。なかなか骨が折れる作業ですが、プレックを使うと全自動、1~2時間程度で完成するそうな。時代が進みましたね!

     

    ウチの工房にも欲しい所ですが、本体価格が非常に高いそうな…

    あればすり合わせも楽にできちゃう機械なんですけどね…

    プレックのすり合わせ料金は通常のフレットすり合わせ料金より高い設定なのですが、あれはプレックの本社にすり合わせ1本した際に決まった料金を払う仕組みの様なので、決してぼったくり料金ではないので注意して下さい(汗)

    いずれ自分も導入したい機械ですね。すり合わせは機械にさせて、自分はクラフト作業や別のリペアをする等、人間一人分の働きをしますからね。

    いつかロボットが働く様になって、人間は労働に必要無くなる。雇用が減る。そんな時代が来るぞ!って考えさせられる様な機械です…苦笑