• vhviyu
  • 弦は緩める?緩めない?
  • 2015/08/06
  • Category:
  • DSC_1866質問される内容に多く寄せられるのが「弦は弾き終わったら緩めた方が良い?」との内容です。

    これは人によって様々な意見があり、答えがハッキリと出ておらず「どっちが正しいんだ!?」と、分からない部分ですよね…。

    緩めるって人は「弦の張力が常にネックに与えられると反ってしまうから」等。

    緩めないって人は「ネックは弦を張った状態で釣り合いが取れてるから」等。

     

    これに関しては「正解がない」事なんです。「ギター本体によりどっちも正しくなる」事です。

    意見として書いていきますがどっちが良いのか?の判断は読み手に委ねる事になります。

     


    自分はどちらかと言えば緩める派です。

    これはリペアを仕事にしていての経験を元に思っている事なのですが、ネックの順反りが大きい・ハイ起きしてる・ネジれてる楽器を持ち込む方は聞いてみると殆どの方が弦を弾き終わった後は緩めていないとの事でした。

    張りっぱなしで常に張力が掛かってる事によりネックが順反るケースが多いと判断しています。

    弦張力、この内容を書く際に具体的な弦のゲージの正確な弦テンションって何kg?と調べるキッカケができました。

    調べるとダダリオがバランステンション弦について公表してました。

    IMG_20150804_115220

    IMG_20150804_144351

    そのままスクリーンショットですが…

    ただこれはバランステンション弦のデータなので、通常の弦やメーカー毎にゲージが異なるのでテンション(kg)が異なります。参考程度に。通常の弦は各弦でkgにバラツキが出る様ですが、普通の弦の正確な表が見つけられず…

    通常の10-46は45kg前後、ベースの表はバランステンション弦50-120でミディアムゲージとなっていて、太さが違うので通常の45-105とどれ程変わるのかは不明です…。とりあえず80~90kgといった所でしょうか。これだけの力が細いネックにずっと掛かっていると考えたら…反るのも当然には思います。

    ですが実際に弦を張りっぱなしで大丈夫な物も中には存在します。なので緩めなくて良いって言う人はそのギターを所持してると思います。実際に常連のお客様が定期的にメインギターを持ち込んでくれて、弦は張りっぱなしだそうですが、その度に調整をしてチェックしますが反りの変化が全くありません。

    弦を張った状態で放置していて、順反っていくギターは緩めた方が良いでしょう。

    張ったままで反ったり状態が変化しないならそのままでも良いかと思います。

    補強材が入ったネックは強度が高いので、張りっぱなしで大丈夫な可能性が高いと思いますが確実との保証はありません。

    また順反り過ぎてトラスロッドをかなり締めてるギターベースは弦を緩めるとトラスロッドが逆反りに動く力だけがネックに残ります。この場合、ネックに逆反りに対する力が働いており、それにより逆反りに動いてくれたらと順反り分に締めていた分を緩めて取り戻せる!といった考え方もあります。

     


    あまり例がないですが「逆反りに動くネック」も存在します。

    学生時代にはたくさんのギターベースを作りましたが、1本だけ緩めて置いてると逆反りに動いていく癖があるギターがありました。今はもう所持してませんが、そのギターは弦を緩めてると逆反りしていくので弦を張りっぱなしにしていましたが、逆反る事はなくなり張りっぱなしを基本に使ってました。

    自分は作るばかりであまり弾かないので、保管してるギターベースの弦は張力が無くなる程ダルダルに緩めて置いてます。上記にある1本以外はそれによりネック状態が変化するか?逆反るのか?と言われると変化しないので、本当にギター本体による事だと思います。

    学生時代は弦を緩め忘れてしまい、数ヶ月後に気が付いたギターベースもありました。ギターは反っていませんでしたがベースは順反りしていました。張力のデータですとベースはギターより倍位の張力なので、経験に基づく考えですがベースは張力が大きいので緩める方が良いと思います。アコギは必ず緩めて下さい。ボディのトップ材は薄いので、張りっぱなしだと持ち上がっていきます。


    ギター・ベースの本体に合わせ、緩める?緩めない?は持ち主の判断になるかと思います。

    毎日弾いてる様なら「今日は何か弾き難いぞ?」と分かると思います。弾き難くなった感覚だと順反りしてる可能性があります。逆に「弦高が低くなった気がする。」等は逆反りの可能性があります。

    張りっぱなしで弾き難くなる感覚になるなら緩めて保管する、弦高が低くなっていく様なら弦を張っておく等、この言葉だけでは誤解を産むかもしれないので、ご自身で判断が難しい場合はリペアショップに持ち込み診断してもらう事も大事です。

    お客様の中には「全てのギターが逆反る」と言う方もいて、湿度計の設置をオススメした所かなり部屋の湿度が高い事が分かった例もありました。部屋の湿度が高いせいで材が湿気を吸い膨らんで逆反りに動く様でした。

    その逆もあり、エアコンをガンガンな部屋にずっと置いてるってお客様もいて、乾燥で材の水分が飛び順反りに動く様です。確か乾燥で指板が割れたギターも持ち込みされてましたね…こちらは弦を緩める緩めないとは少し違いますが。

     

    緩める!緩めない!はその楽器に合わせて行う手段だと思います。毎日触れてチェックしてみて下さい。木材ですから環境により変化が起きます。それを見極め、そのギターをどう保管していくか判断しましょう。

     


    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線  田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    http://dns-guitar.jp/