• IMG_0745
  • 電源ケーブル
  • 2015/06/12
  • Category:
  • IMG_0741

    たまにはいつものギタークラフトやリペアとは違うジャンルのお話しでも♪

    ここまで来たらマニアック!が電源ケーブルじゃないでしょうか?

    本体やエフェクターにシールド、アンプと機材に拘り、最後辺りに行き着くのが電源ケーブルじゃないでしょうか…(違うぞ!って人が居ましたらすいません…)

     

    電源ケーブル、非常に高いです!笑

    ギターのシールド感覚では売ってないので、まず気軽に買っていろいろ試すにはキツい値段となっています。

    自分もバンドをやっていた頃はアンプの電源ケーブルを自作し、常にスタジオやライブで使ってましたが、1本(2m)作るのに14000~15000円も掛かってしまい、「次はこの組み合わせの1本!」はさすがに無理な金額でした…

     

    そんな高いのが当たり前の電源ケーブルに超が何個も付く様なお得な本が出版されました。

    「自作でオーディオアクセサリー」という本で、なんと高品質電源ケーブルが付いて4000円台(だったはず…)という、店頭で売り切れなので注文して買うレベルの代物でした(笑)

    IMG_0742

    「電源ケーブルってなんぞや?何が良くなる?」

    と普通の人はなりますよね。

    アンプや機材は電気で動くので、その電気が良くなれば機材の音も良くなる!って事です。ざっくりな説明ですが(笑)

    ギターのシールドを換えて音に変化が出たのが分かるなら、電源ケーブルの違いも分かると思います。

    拘る人は壁のコンセントを良い物に変えたり、部屋のブレーカーを変えたりコンセントまで経由してる配線を変える工事をする人も居ます。

    電気って意外に重要なんです。電気で動いてますから。

    IMG_0745

    結局はどの電源ケーブルが良い?となれば、これは音の好みです。

    各電源ケーブルで音が変化しますから、ギターシールドの様に好みで選ぶ物です。自分の好きな音がする物を選べば良いのです。

    ただし値段が高いので自分に合う電源ケーブルをいろいろ買って試す余裕が無い分野ですが…笑

     

     


    今までやってきた全てのリペア状況を記載していたブログです↓

    過去ブログ(アメブロ)

    http://s.ameblo.jp/variations-hide/