月別アーカイブ: 2016年2月

    DSC_4879
  • Ibanez PRO LINE SERIES PL650 フレットすり合わせ

  • 2016/02/29
  • Category:
  • DSC_4870 DSC_4871

    Ibanez PRO LINE SERIES、PL650です♪
    昔の型でしょうか、珍しいギターのフレットすり合わせ当日仕上げです!
    ネック状態がかなり悪く、弦高は標準程度ですがハイ起きにて音が詰まります。
    またお客様が弦高を低めに希望されてるので、かなり削らないと低い弦高が可能な所まで直せない状態ですが幸いジャンボフレットなのですり合わせの余力があります。

    DSC_4875

    チェックしOKです。
    削ってみると状態は全体的にボコボコしており、弾き減りも部分で大きい所があるのとトラスロッドの効きがローポジ寄りになっておりその辺りを考慮しすり合わせを進めていきました。

    DSC_4877
    完成です♪

    DSC_4878
    調整し完成です♪
    これまたビックリする位音が良いのに驚きですね♪
    特にフロントとセンターのシングルPU、磁力が落ちてこの音なのか、響きは良いし分離は良いしで欲しくなりました♪

    DSC_4879

    ありがとうございました!


    DSC_4869
  • Momose ジャズベース フレット交換&指板R変更

  • 2016/02/28
  • Category:
  • DSC_4848 DSC_4849

    Momoseジャズベースのフレット交換です♪

    そしてフレット交換に伴い、指板のRを300R程度に変更したいとの要望です!その為、ついでに円柱指板を円錐指板に削り直し、ハイフレットに行くにつれRが緩やかになる仕様、いわゆるコンパウンドラディアス指板に改良しフレット交換をします♪

    DSC_4852

    フレットを抜き、指板をサンダーである程度まで削ります。ネックもハイ起きしているのでこの機会に削って直す事ができます♪

    元は200位のRなので指板中心を多く削る事になります。フレット溝が削る事で深さが減るので切り足してフレット打ちです。DSC_4860

    すり板で指板Rを整形し、フレット打ちへ。

    使用するフレットは定番のJESCARフレットです♪お客様がローポジでの音程感が悪いのを改善できたらとの事で、元の太いジャンボからミディアムの細めに交換しました。自分も愛用してる50078です♪DSC_4863

    打ち後はサイド処理をしフレット打ち完了です♪DSC_4867すり合わせて完成です!

    DSC_4868

    組み込んで調整し完成です!

    円柱指板・円錐指板の説明は過去のブログであったはずですが…。円錐指板は通常の円柱指板と比べ弦と平行になるのでビビりが出難く弦高が低い所まで攻めれます。詳しくは過去のブログを参照下さいませ。

    コンパウンドラディアス指板にした事で、円柱指板のハイポジションがベースだと1・4弦の弦高が高くなっていくのが解消され、全ポジションが弾き易くなってます♪

    ローポジションの音程感も高まり、指板Rも緩くなった事でお客様が求めてる音が良くて弾き易い仕様になった事と思います。

    低音はしっかり出るのに抜け良くて弾き易い、お客様が今回のリペアをしてまで使いたかった理由が分かりますね。かなり良いベースです♪

    DSC_4869

    完成しました!

    今回は音は良いけど弾き難いと諦めて使ってたら勿体無い!と教えられるリペアでしたね。お客様も一生使っていく様なベースと言っていただけあってリペアした甲斐があります♪

    ありがとうございました!


    DSC_4862
  • Innerwood 電池トラブル

  • 2016/02/28
  • Category:
  • DSC_4862

    Innerwoodのジャズベースです♪

    アクティヴの楽器で非常に多いトラブルが「電池切れ」です。

    今回は「音がおかしいので見てほしい。」との事で持ち込まれました。

    チェックすると音が弱々しいのに歪んでいる事から電池をテスターで計ると僅か1Vしかなく、新品の電池に交換すると直りました。

    電池切れは意外に盲点で、特にバンドマンに多いトラブルで一番の原因はワイヤレスの繋ぎっぱなしで電池を消耗してるパターンです。ライヴ終了時は外すのを忘れ繋ぎっぱなしになりがちです。練習等にもワイヤレスを外し忘れ等で次弾くのが明日になって気が付く等で常に繋ぎっぱなし状態が何度も続くと電池はすぐに無くなってしまい、電池切れのトラブルに気が付かない場合があります。

    電池自体もアクティヴの楽器はそんな簡単に減る物ではないのでご注意下さい。もしかしたら知らない人が居るかもしれませんがジャックにシールドを挿すと通電して電池が消費されますのでご注意下さいませ。抜くと自動的にoffになる様に配線がされていますので、使ってない時はジャックからシールドを抜きましょうね。

    ありがとうございました!


    DSC_4858
  • SCHECTER NV-DX-24 調整

  • 2016/02/27
  • Category:
  • DSC_4858シェクターのNV-DX-24だと思います。型番って調べるの意外に大変ですね(汗)

    調整でした!

    太い弦が張っておりダウンチューニング用で使っていたのをライトゲージに換えてレギュラーチューニングに再調整しました。

    ありがとうございました♪

     


    DSC_4857
  • PRS custom24 調整

  • 2016/02/27
  • Category:
  • DSC_4857

    PRS custom24の調整でした♪

    ブリッジのビスが無くなっていたので手持ちのビスに合う物で代用したり、ネックが反って弾き難い状態を調整で直し弾き易くなりました。

    PRSは使ってる人が多い理由も分かる良いギターですね♪

    ありがとうございました!


    DSC_4854
  • PRS custom24 調整&ジャック交換

  • 2016/02/27
  • Category:
  • DSC_4854

    Dispinaの涼夛さんからレコーディング前にPRS custom24の調整&ジャック交換でした♪

    今回はアームのスプリングが伸びた様で浮いてる状態になっていたり、いつもの調整のブリッジベタ付けではなくなっていたので締めて直したり、ジャックにガリが出る様になっていたりを交換して直しました。

    状態は調整しても日々狂ってきますので、定期的にと本番前に持ってくる意識がある人が出す音は良い音ですね♪

    いつもありがとうございます♪


    DSC_4845
  • Gibson SG ナット交換&フレットすり合わせ

  • 2016/02/26
  • Category:
  • DSC_4836 DSC_4837

    GibsonのSGになります♪

    今回はナット交換&フレットすり合わせです!

    ナットは死んでおり交換必須なのとフレットはお客様から市販で売ってるすり合わせ道具でやってみたとの事ですがビビりが出る箇所があったりフレット上面がかなり平で台形になっており、スライドで引っ掛かる感じやアタックが弱い音の立ち上がり・音程感も悪い状態を直します!

    DSC_4840

    状態が悪いので、弦を張って状態を確認しつつ作業を進めます。最近はリペアのやり方等は本でも売ってたりネットでも調べればすぐに出てきますが、見るのと実際にやるのは違う事と状態によってはリペアそのもののやり方を変える必要も出てきますので、知識と経験が必要になってきます。
    リペアはネック周り、特にナット・フレットは非常に重要な部分なのでプロにお願いするのが無難です。

    DSC_4841 DSC_4842
    完了です!
    状態は削ってみると全体的にかなりウネっており、指板が写真で見たら分かると思いますがかなり膨張しておりグリップ側にネックとの段差もできています(写真は指板が膨らんでフレットが短く入っている様に見える状態)。

    DSC_4844

    調整し完成!
    かなり良くなりましたね♪
    お客様にもこの状態から良くしますので、完成したらビックリする位良くなってますよ!と自信満々に言った自分があまりに良くなった事にビックリしています。
    リペア前の状態はフレット上面が平過ぎて弦に当たる部分が広いせいもあり、フレットレスの様なサウンドに近くアタックが弱く張りの無い音になっていたのが直った事が大きいです。
    指板が膨らんでいるので湿気をかなり吸っている状態だからか、ウェット感がする鳴りのギターではありますがリペア前より音がカーンと響く感じになって気持ちが良いですね♪

    DSC_4845
    塗装が薄いギターは鳴りも良く音質面では優れますが状態が変化しやすいのが難点です…。
    四季がある日本は保管環境として辛い所があります。
    楽器屋レベルの保管は難しいと思いますが、状態をキープするコツとしては「人と同じ様に扱う」事だと思います。
    人が「こんな暑い所で暮らせない!こんな寒い所で暮らせない!」って所は楽器にも良くないと思っています。
    急激な温度変化・急激な湿度や乾燥が材を変形させますので、電気代は大変かもしれませんがエアコンや乾燥機、保湿機を上手く使って大事なギターを守っていくしかありません。
    国産ギターはその辺りが考えられてて、ポリで少し厚めに塗装がされてて外気の状態変化から守る様に作られてる物が多い印象です。
    その為、音質面で「作りは良いけど音は海外製のが良い」と言う方も居ます。
    もうこれはどちらかを取るのか選ぶしかありませんね。
    大変ですが、ギターは物でなく生き物なのです。

    ありがとうございました!

     


    _20160225_183720
  • 2月22・23日 池袋ルイードk3 COMPILE RECORD PRESENTS CHEMICAL SYRUP

  • 2016/02/25
  • Category:
  • _20160225_183623 _20160225_183720

    いつもお世話になっておりますCPRさん主催のイベント2daysに参加してきました♪

    池袋ルイードk3にて、出演バンドもリペアでお世話になっております赤い意図・クロノギアArvise・ジラルドさんが出演してる事もあり、出したい音の確認になったりアドバイスができたりする良い機会でした♪
    ジラルドさんはメンバーがインフルエンザで出演ができなかった事が残念ですが、次回またイベントの際に宜しくお願い致します。

    普段は工房で仕事に追われて気軽にお話できなかった事も楽屋でのんびり話ができたり、ライヴを見てどうしたら良くなるかと相談を聞いたり、ライヴ本番を知る事でリペアにも反映できる事も多いのでこちらとしても有り難い機会になります。

    どうしても音は言葉で説明するのが難しく、また人それぞれの感覚もあります。
    例えば高音を出したいと言われればアンプで言うトレブル位までなのか、もしくはプレゼンス位までなのか等。
    本番はその人の感覚が自分の機材をフルに使って確認ができる最良の場です。
    自分の持つ感覚とその差を縮めていき、細かい要望に答えられる様、影からチェックしていきますね。

    主催のCPRこと裕さんにはいつもお世話になってばかりです。
    いつもありがとうございます!
    これからも頑張ります♪


  • 質問が多い内容のQ&A

  • 2016/02/22
  • Category:
  • 日頃から当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。お客様のお問い合わせに多い内容をまとめて公表致しますので、依頼のお客様はご参考下さいませ。今後ともギター工房DNSを宜しくお願い致します!

     

    Q.郵送でのリペア依頼も可能でしょうか?
    A.可能です。全国どこからでも受け付けております。

    Q.当日で仕上げる事は可能でしょうか?
    A.他のお客様の予約状況によりますが時間的に作業可能な内容であれば基本的に当日仕上げで作業を受け付けています。

    Q.予約無しで来店も可能でしょうか?
    A.大丈夫ではありますが予定によりお店が空いてない・対応できない場合や万が一予約されたお客様の時間と被る場合は終わるまでお待ち頂くか対応もできない場合がある為、予約をされて来店した方が確実な対応ができます。

    Q.予約時間に遅れてしまうとどうなりますか?
    A.余裕を持って時間調整をしていますがお客様が多い時間帯は一人1時間で組んでおります。
    遅刻してしまった場合、次のお客様の時間になってしまった場合は預かりか他の空いてる時間に再度来てもらう形になります。

    Q.弦は用意していますか?
    A.弦はお客様の好みがある為、愛用弦の持ち込みをお願いしております。

    Q.持ち込みパーツの対応は可能でしょうか?
    A.受け付けはしておりますがこちらで購入してない(代理店を通してない)パーツでの組み込みが1つでもあるとトラブル時の保証が受けられなくなりますのでご了承下さいませ。

    Q.予算的な問題で古いパーツを流用したいのですが可能でしょうか?
    A.ご希望であれば流用可能ですが、内容によりトラブル時に保証が受けられなくなります。

    Q.自分で改造して壊してしまいました。修理可能でしょうか?
    A.大丈夫です。ただし元の状態が分からない状態になってる場合は修理ができない場合があります。
    こちらも内容により保証外になる場合があります。

    Q.エフェクターやアンプの修理も受け付けできますか?
    A.中をチェックしてパーツ交換で直る様な原因だった場合は対応ができます。こちらは専門外の為保証がありません。

    Q.ネックのみのオーダー製作は可能でしょうか?
    A.可能ですがネックのみ製作の場合はヘッドに当店のロゴは入れる事ができませんのでご注意下さいませ。

    Q.塗装は受け付け可能でしょうか?
    A.塗装は環境の問題により臭いの対策や長期保管が難しい為、基本的に外注の対応になります。
    こちらで行えるのは塗装前の準備(マスキング・磨き等)・リフィニッシュの塗装剥がし・オイルフィニッシュのみになります。

    Q.材の販売やパーツ、中古販売はしていますか?
    A.普段はしておりませんが不要になってしまった物を予告なくTwitterに投稿をしたりします。購入の場合は店頭に引き取りのみで行っております。

    Q.求人等は行っておりますか?
    A.現在は行っておりません。

    Q.値引き割引はありますか?
    A.公表してるサービス以外に値引き等はありませんが、工房地下のレコーディングスタジオCPRのご利用お客様・何度もご利用頂いてるお客様には公表していない割引サービスを行っております。

    Q.営業時間外で夜中でも対応可能でしょうか?
    A.22時最終受け付けの23時閉店となってはいますが緊急の内容等により対応致します。夜中なので機械を使うリペアは不可になります。


    DSC_4825
  • BOSS MT-2 メタルゾーン×MODメタルゾーン 弾き比べ

  • 2016/02/21
  • Category:
  • DSC_4822

    以前MODしたBOSSのMT-2メタルゾーンとノーマルのメタルゾーンを工房地下のレコーディングスタジオCPRさん協力の元、弾き比べを行いました♪

    エフェクターのMODも試す環境が無ければ「そんなに大きく変わるものなの?」と思うかもしれません。BOSSは価格が安い事もありコストの問題で中のパーツは安物パーツで作られています。それらを良いパーツに変えるだけでも全然変わります。

    今回はノーマルのメタルゾーンを買ってきたので、MODしたメタルゾーンがスタジオ機材にラインナップしたので弾き比べです♪

    ※MODの内容は以前のブログを参考下さい!DSC_4825 DSC_4826値段が高い音・値段が安い音と表現する人がいますが、それが一番分かり易い例えかもしれませんね。

    MODしたメタルゾーンは音のレンジや密度がノーマルと全然違い、ノーマルに換えて弾くと音がレンジ狭く細々く感じてしまい、一言で現すならしょぼく感じてしまいます…。

    コンデンサにはmiwa製を好んで使っているのですが、音が明るくハッキリとした音がする印象がするので好きなコンデンサです♪MODしたメタルゾーンのコンデンサは全てmiwa製に交換していますが音の粒が綺麗になってハイが伸びる様になっていますね。18V化した効果やフィルターをバイパスした効果も大きいかと思いますが、音のレンジが全く異なるのに驚きの一言です。

    まさかこれ程の大きな影響を与えるのは弾いてる自分が一番ビックリしました。やはり良い音には良いパーツですね。今使っているエフェクターやアンプ機材等も中のパーツを良い物に変えたくなる様な実験になりました。MODが流行る理由も分かりますね。

    実験に協力頂きありがとうございました!