月別アーカイブ: 2016年4月

    DSC_0185
  • Moon JJ-4 電気系オール交換&調整

  • 2016/04/28
  • Category:
  • DSC_0179 DSC_0181

    Moon JJ-4の調整&電気系パーツオール交換の当日仕上げです♪

    もう左利き用をリペアするのも珍しくなくなりましたね♪今回はトグルスイッチとジャックの不良、ブリッジアースが取れてない状態があり、また普通のジャズベ配線にする事になりトグルはダミーで配線しない形にしその他を高品質パーツにオール交換です♪DSC_0183 DSC_0184

    大きいザグリが空いていると後程アクティブ回路を組む際はザグリ無しで取り付けできますね♪DSC_0185完了しました!

    ネックが順反って弾き難い状態を調整で直し仕上げました。調整を先に行っていたので元の状態の音もお客様が弾いてるのを聴いてましたが、パーツ交換後はローが増して太い音質になっているが輪郭が見える低域、尚且つきらびやかさもある音質になり改めて良い音は良いパーツを組まないと出ないんだな、と再確認できました♪

    ありがとうございました!

     


    DSC_0172
  • GrooverJackson 調整

  • 2016/04/27
  • Category:
  • DSC_0172

    GrooverJacksonの調整です♪

    指板RがブリッジのRに合っていない為、弦高にかなりの凹凸が出て弾き難い状態です。

    ネックも順反りしており弾き難い状態です。調整しコマの方にシムを入れてバラつきのある弦高を調え、希望の弦高ベタベタセッティングに仕上げました♪

    ありがとうございました!


    DSC_0166
  • オヤイデQAC-222 ケーブル製作

  • 2016/04/25
  • Category:
  • DSC_0165 DSC_0166

    オヤイデQAC-222ケーブルの製作です♪

    工房地下のレコーディングスタジオCPRさんから新しく機材を導入したとの事で、そのケーブルを交換する際にQAC-222が選ばれました。
    ケーブルはそれぞれ音が違いますので録り方やプレイヤーの好みに合わせてケーブルも変えて録ったりします。
    CPRスタジオでは機材選択やケーブル選択のバリエーションも豊富ですのでより細かいコダワリの音作りに対応ができるのも魅力の一つです♪

    機材の特徴を把握し、どのケーブルが一番この機材に合うか?等の判断も重要です。ドラム・ギター・ベース・ヴォーカルでそれぞれ使う機材を変えたりケーブルを変えたりして一番良い録り方で録るコダワリもさすがの一言です。

    DSC_0168レンジが広く高域・中域・低域、どれもバランスが良いケーブルをぜひレコーディングで活用下さい♪

    ありがとうございました!

     


    DSC_0169
  • dbx 165A OverEasyCompressior/Limiter メンテ

  • 2016/04/25
  • Category:
  • DSC_0170 DSC_0169同じく工房地下のレコーディングスタジオCPRさんから導入された新機材のdbx 165A OverEasyCompressior/Limiterのメンテでした♪

    レコーディング機材もパネルを空けてチェックする機会が増えましたが、プリント基盤って芸術だなぁと最近は思う様になりました。全体デザインと今じゃ売ってないパーツで組まれた回路、これらを見て飯が食える位です。そんな事言うと気持ち悪い人になってしまいますが(汗)

    こちらも細かくチェックしましたが無事に問題ナシです♪

    ありがとうございました!


    DSC_0162
  • empirical labs el8 distressor メンテ

  • 2016/04/25
  • Category:
  • DSC_0162 DSC_0161

    今回は機材のメンテが続きますね♪

    工房地下のレコーディングスタジオCPRさんから新しく導入された新機材、empirical labs el8 distressorのメンテでした♪

    パネルを空けた時の写真を撮り忘れてしまいましたが(汗)

    細かくチェックし、特にハンダ付けが甘い箇所も無く動作に問題ナシですね♪

    ありがとうございました!


    DSC_0157
  • SummitAudio TubeLevelingAmplifier TLA-100A 真空管交換

  • 2016/04/25
  • Category:
  • DSC_0160 DSC_0158

    工房地下のレコーディングスタジオCPRさんから新しく導入されたばかりの機材、SummitAudio TubeLevelingAmplifier TLA-100Aの真空管交換です!

    真空管は消耗品ですので、長時間稼働する環境はより消耗していきますので定期的に交換すると良い音が常に保てますよ♪今回はより良い音質を求めて真空管交換です!

    DSC_0159 DSC_0157今回は元の真空管からElectro-Harmonix製の真空管に交換です♪12AX7では定番の真空管ですね♪

    以前もギターアンプのDeizelの真空管交換に立ち会いましたが、真空管が与える音質変化はかなりのものです。真空管のメーカー等は音の好みで選ぶと良いですが、ハードウェアの部分は値段が高いパーツは良い音がする!とハッキリ音に現れるんだなぁと実感した経験でした。良い音は良いパーツから、真空管も交換は簡単なのでオススメです♪

    ありがとうございました!


    DSC_0143
  • PRS custom24 調整

  • 2016/04/25
  • Category:
  • DSC_0143

    PRS custom24の調整です♪

    PRSは音も良く精度も良いので調整もかなり良い所まで攻めれます。
    ベタベタな弦高を希望との事でネックの反りや弦高もかなりの所まで攻め込みました。それでも大丈夫なPRSに改めて良いメーカーだなぁと実感です♪使ってる人が多い理由も分かりますね。

    ありがとうございました!


    DSC_0142
  • PRS 20Anniversary 調整

  • 2016/04/24
  • Category:
  • DSC_0142

    お世話になっておりますThe egoistのアキナさんからPRS 20Anniversaryの調整です♪

    いつも使ってるXの弦(60-12)が廃盤になったらしく、変わりの弦を持ち込み頂き調整しました。ギターで新ためて分かったのは3弦はプレーン弦より巻き弦が良いなと思った事です。単純に張りが強くなる事ですが、あくまで自分の印象としてですが3弦は巻き弦にするかプレーン弦にするか中途半端な位置にある弦で、プレーン弦ではその半端なもう少し張力がある鳴りが欲しい音がする(自分だけ‥?)と思っていて、多少張りが強くなっても3弦は巻き弦が良いんじゃないかなぁと音を聴いて勝手に思っています。レギュラーチューニングではゲージ的にキツイのですが、ダウンチューニングでは試しに3弦が巻き弦なパックを張ってみると新しい発見ができるかもしれませんよ♪

    いつもありがとうございます♪また宜しくお願いします!


    DSC_0136
  • LTD ForestBASS フレットすり合わせ

  • 2016/04/22
  • Category:
  • DSC_0131 DSC_0132

    お世話になっておりますジラルドのrentoさんからLTD ForestBASSのフレットすり合わせです♪

    以前はライヴ・スタジオ等の予定がありリペアに預けられない状況で調整で何とかしていた状態です。ライヴが終わり予定が空いたとの事で今回リペアする事になりました。

    DSC_0135

    以前のフレット状態は弾き込みによる減りとウネリ&ハイ起きで音が詰まるので弦高をかなり上げて対応していましたが今回バッチリ仕上げましたので弾き易い弦高まで調整可能になりました♪DSC_0136完成です♪

    以前の状態からびっくりする位良くなりましたので受け取りを楽しみにしていて下さいませ♪

    ありがとうございました!また宜しくお願いします♪


    DSC_0130
  • 4月20日 池袋ルイードK3

  • 2016/04/22
  • Category:
  • DSC_0130写真取り忘れましたが4月20日、池袋ルイードK3にて工房地下のレコーディングスタジオCPRさん主催“CHEMICAL SYRUP VOL.29”の代理として初めてのイベント主催側でのお仕事でした♪

    出演バンド: Nihilizm(GUEST)、篠突く雨、RiGerU、Faze、Hav、L-THE WORLD、The NOSTRAD
    AMNZ、ジラルド、探しモノは何ですか?セッション

    初めてのイベンター業の体験でしたが、特にトラブルもなく出演バンドのメンバー達と話をしていたりライヴを見たりしていたら1日があっと言う間に終わってました。リペアでもお世話になっておりますnihilizmさん、Huvさん、ジラルドさんも出演しており話せる機会も多くより仲良くなれて嬉しく思います♪

    ライヴ本番はプレイヤーの求めた音が分かり易く聴ける場になります。調整等に反映できますので、リペアマンとしてよりプレイヤーの要望に答える為にバンドの音を聴いてその求めた所までより仕上げられる様に研究できる場なので参考にしていきますね。

    出演バンドの皆様・ライヴハウスのスタッフや関係者の方々お疲れ様でした。そしてありがとうございました!!また機会があれば宜しくお願いします♪