月別アーカイブ: 2016年5月


    DSC_0474
  • Edwards Forest ストラップピン折れリペア

  • 2016/05/31
  • Category:
  • DSC_0474セッションバンドのHALさんからEdwards Forestのストラップピンが折れたとの事でリペアに持ち込まれました。

    ストラップピンはどうしても細く短いビスが使われる事からぐずぐずになって取れ易くなったり折れたりします。太く長いビスを使った方が安心ですね。

    今回は料金もリーズナブルなプランとして折れたビス近くに新たに穴を空けて付け直すプランになりました。スルーネックはネックが外せないので穴空け時のドリル角度に限界はありましたが何とか空けて取り付ける事ができました。

    ありがとうございました♪また宜しくお願いします!

     


    DSC_0490
  • 5月29日 TSUTAYA O-EAST A9 ツアーファイナル

  • 2016/05/30
  • Category:
  • DSC_0489 DSC_0490

    お世話になっておりますA9さんのツアーファイナルが5月29日TSUTAYA O-EASTにて行われました。

    _20160530_111030ツアー初日の品川ステラボールも見に行きましたが、ツアーファイナルとして今回は明らかにこのツアーでバンドが成長したと言うのか、いつも良いライヴをするベテランバンドと見てて思っていましたが今回は「おおっ!まだ更に良くなるのか!」と感じました。いつも良いライヴをするだけに完成形になったバンドと見えていましたが天井知らずです。

    事務所から独立し再スタートの意味も込めて初心に帰る、武道館を目指したあの頃に戻るツアーだと関係者の皆様の前で宣誓したメンバー達。その言葉通りなライヴでした。「限界は無い」と思う様なライヴでした。

    終わった後はA9メンバーさんの打ち上げにも参加できて自分にも特別な日になりました。世代的にアリス九號を知った時には10年以上も前、既に売れてて大きなバンドだっただけにXやLUNASEAと同じ様な存在で見てましたから、その彼らとついにこの機会が~!と嬉しさと緊張で全く喋れませんでした(汗)

    観させて頂きありがとうございました♪また見に行きますっ!!!


    DSC_0483
  • Charvel 調整&フロイドローズメンテナンス

  • 2016/05/30
  • Category:
  • DSC_0483

    IRON ATTACK!LIGHTNINGのギタリスト、IRON-CHINOさんからヨーロッパツアー前にCharvelの調整です!

    昔から使ってるギターとの事で錆びも凄く、そしてフロイドローズは錆びだけでなくビス山がナメっておりオクターブチューニングができない等のトラブルがありました。ナメったビスは摩擦液で外せた物、どうしても外せない物はビスを破壊し外して新しいビスに交換しました。

    またフロイドのRが指板Rと合わず、サドル下にシムを入れて指板Rに合わせて無事に調整しました。これでツアーも問題ナシですね。

    ありがとうございました!また宜しくお願いします♪


    DSC_0468
  • PRS SE Orianthi ナット溝調整&調整

  • 2016/05/29
  • Category:
  • DSC_0468PRS SEのOrianthiモデルのナット溝調整&調整の当日仕上げです。

    今回はアーム調整です。アームを使うとナットがキリキリ鳴ってチューニングがかなり狂いますのでナット溝を削り調整しました。キリキリ鳴らなくなりアームを使ってもチューニングが安定してきましたがスプリングかブリッジのビスの穴位置ズレによる引っ掛かりがあるか、後少しの安定精度はスプリング交換かブリッジの取り付けビスを疑った方がいいですね。後日スプリング交換で再度持ち込み予定です。

    ありがとうございました!


    DSC_0471
  • Gibson レスポール ネック折れリペア

  • 2016/05/29
  • Category:
  • DSC_0469 DSC_0470 DSC_0471

    Gibsonレスポールのネック折れ接着リペアです。

    ネック折れは折れてしまったショックで立ち直れない気持ちは分かりますが早く直す事が重要です。割れた面が湿気や乾燥で変形してしまうと接着が困難になり手直しによる料金UPや酷い状態になると接着精度が落ちたり補強材による高額リペアコースになります。折れたらすぐリペアショップに持ち込み直してもらいましょう。

    今回は折れてすぐの持ち込みだった為、変形も無く最低限の料金でリペアが可能な状態でした。接着のみですとリーズナブルな料金でリペアが可能です。

    DSC_0473 DSC_0475

    リペア後は調整し完了です!DSC_0476

    完成しました!折れた衝撃でフレットが浮くパターン等もありますが、今回は状態に問題無く調整できました。DSC_0477無事にネック折れから復活です!

    お客様にバッチリ直した事と完璧に調整した状態がかなり弾き易くなった!と喜んで頂き嬉しく思います。

    ありがとうございました♪

     


    DSC_0472
  • Gibson ES-355 調整

  • 2016/05/28
  • Category:
  • DSC_0472

    Gibson ES-355の調整です。

    ネック順反りを直し仕上げていきましたがブリッジが通常より取り付け位置がボディエンド側にあるのかオクターブ調整でサドルの位置がかなりネック寄りギリギリになっています。5弦だけオクターブが合わずネック寄りに付き動かせない位置にまで来てしまいましたがサドルを外し逆に取り付ければネック寄りに弦が乗るオクターブ位置を持っていけます。だだしこのサドルは弦溝が真ん中でなく1弦側寄りに切られているので逆にすれば幅ピッチがかなり変わります。この場合だと逆にすれば5・6弦間は狭く5・4弦間は広くなります。サドルを交換されるかブリッジの取り付け位置をネック寄りに付け直しのリペアが必要ですね。後程サドルを交換する事になりました。

    ありがとうございました♪




    DSC_0465
  • ATELIER Z 5弦precision bass 調整

  • 2016/05/27
  • Category:
  • DSC_0465

    お世話になっておりますlinariaの太郎さんからATELIER Zの5弦precision bassの調整です。

    かなり順反っており弦高も高めだったのを正しくセットアップしました。激変した状態の良さに喜んで頂き嬉しく思います。パワーだけでなくしっかりとした輪郭がありピック弾きでも指弾きでも使い易いベースですね。

    ありがとうございました♪また宜しくお願いします!