月別アーカイブ: 2016年7月

    DSC_0818
  • 楓another 製作その1

  • 2016/07/31
  • Category:
  • この話が出てくるまでいろいろありました。エンドース頂いてる某アーティスト様から「レコーディング様に万能用、アクティブPUの付いた5弦ベースが使いたいから作れないか?。」と要望があり、確かにレコーディングレンタル機材に自分の用意してるベースにアクティブの5弦はまだ無いですね(Aty・刀-katana-があるけど他のエンドースユーザーに貸し出し中)。

    リペア依頼も多く、すぐには作れないので気長に待っていて下さいとその場は終了。そんな話をしてて数ヶ月後、丁度良いタイミングで良い状態のネックを入手しこれなら早く作れるなぁとお話し作業を再開。ノリで言ったと思いますが「じゃ自分が考えたボディで作ってよ!」と言われ、仲が良い事もあり本当に作る事にしました。一応レコーディングレンタル機材として作りますが、オーダー時のお客様の対応勉強と思ってかなり細かく念入りなシュミレーションで作っていく事となりました。

    ※一応エンドースしてる方なのでこの様な流れでオーダーを受付しましたが、一般のお客様はこの様な形で受付はできませんのでご注意下さい(汗)オーダーメイドではなくセミオーダープラスの流れで製作していますので、その参考に読んで頂けたらと思います。

    DSC_0948

    入手したネックはトラスロッドもかなり余裕があり全体的に問題が無いですね。ただし塗装割れやフレット浮きがありリペア必須状態です。この辺りも直す前提で入手したので製作の際は直していきます。

    DSC_0852

    フレットが全体的に浮いてるので打ち直しますので~とお話をすると「それでは別のフレットに交換できたりってします?」となり、相談していた音のビジョンがステンレスに合いそうな事もあり今回はフリーダムのSPEEDYを使う事に決まりました。ジャンボフレットだと金属割合も増えキンキン成分が強くなり考えてる音と合わなくなるとアドバイス、ミディアムを使う事となりました。

    DSC_0947

    状態が良いので指板も殆ど削る事なく円錐指板で仕上げられました。ステンレスのフレット交換は大変な作業ですね。今は打ち終えた所でこれからサイドの整えです。

    ボディ形状はどうします?とのお話の中、工房地下のレコーディングスタジオCPRさん所に自分が提供してるレコーディング用レンタルギターに「楓」というギターがあり、使ったら見た目も音も気に入っているとの事です↓

    DSC_3821

    この形を元に自分が考えたデザインで製作できますか?となり、デザインはその度に絵で送られてきた物を相談して、製図に起こしOKが出たら作り始めます。

    DSC_0818木材もこちらにお任せだったのですが、「木材感があるベースが好き」との事で、いろいろと材の写真や音質を相談して選び抜いていきました。

    何かと製作前から念入りな話し合いで進んでおり「お客様にはこうした方が分かり易いな。」など新たに学ぶ機会も多く勉強になっています。準備はこれにてOK。名前はとりあえず「楓-Another-」にしています。製作を楽しみにしていて下さいませ♪作ったらあげる訳じゃないので、そこだけはお願いしますよ(笑)


    DSC_0928
  • Warwick FORTRESS ONE フレット交換

  • 2016/07/31
  • Category:
  • DSC_0866 DSC_0867

    Warwick FORTRESS ONEのフレット交換です!ブラスフレットから当店がオススメしているジェスカーフレットに交換です。DSC_0887指板調整です。フレットを打つまでの大事な土台作りですので、フレットを打つよりも大事な作業だったりします。オイル物のネックは基本的に湿気・乾燥に弱くネック自体がウネったりしやすいです。弾いててはあまり気にならなかった部分も削ってみると意外に大きな指板ラインのウネリが出ていたりします。

    木材は木目があり、端から端まで強度が一定ではないのでそこに乾燥による収縮・湿気による膨張で各部分の変化具合が違う事からウネリとなっていきます。

    DSC_0926バインディング処理をして打ち、打ち終えた後はこれからはみ出たサイドを削りサイド処理です。DSC_0927フレット交換後はすり合わせし完成です!DSC_0928指板ラインの整え・新しいフレットに変えた事により弾き易さも以前よりかなり変わりますね。押さえた時にフレットが吸い付いてくる様な感覚です。

    ジェスカーフレットに交換後は音がかなりタイトになり輪郭がはっきりと出てくる様になりました。ワーウィックに付いてるブラスフレットは通常のニッケルシルバーより柔らかい(硬さ同等の物もあるそうですが柔らかい物が多い様です)様で、音が柔らかくアコースティックな響きに近いですがモヤっとしがち。ジェスカーフレットに交換してからは音が締まりより低音がドンと出て形が見え易くなりました。特に4弦ローフレットの音質はかなり良くなりましたね。自分が作るギターベースにもジェスカーフレットを使っていますが、改めて良さを実感しました。

    ありがとうございました♪


    DSC_0881
  • Fendercustomshop レリックストラトキャスター フレットすり合わせ&各パーツ交換

  • 2016/07/30
  • Category:
  • DSC_0854 DSC_0855

    Fendercustomshop製のレリックストラトキャスターのフレットすり合わせ&各パーツ交換です。

    DSC_0865

    かなり弾き込まれ減りが凄い状態です。DSC_0856

    ブリッジは錆が酷く、錆取り剤を付けてもダメで完全にビスが回せず外せない状態だった為、ビスを切って外し新しい物に交換する事となりました。DSC_0879

    すり合わせ完成です!かなりのフレットの減りにより、完全に直すとフレットも背が低くなってしまうので、弦を張って確認しつつあまり減らさない様に程良い所で留め仕上げました。DSC_0880

    その他ジャックの接触が悪い為交換、トーンが利かないので配線を直したりしました。完成後は調整し完了です!DSC_08813Wayセレクターなのでハーフトーンが出せませんが、かなり煌びやかで見た目も音もヴィンテージストラトですね。カラッカラに乾いて煌びやかな音色はアルペジオ等でかなり気持ちが良いサウンドです。

    ありがとうございました♪

     


    DSC_0902
  • rock n roll relics Jazz-Bastard 調整

  • 2016/07/29
  • Category:
  • DSC_0902rock n roll relicsのレリックテレマスター、Jazz-Bastardの調整でした。

    ネックが反っており調整で仕上げました。通常のFender系と違い指板もフラット気味でかなり弾き易いですね。音も良いしこれはかなり良いギターですね。レリックの具合も良く、レリックは少しでも違和感のある削れ方をすると「レリックしました感」が出てしまうので意外に難しい作業です。音も見た目も欲しくなるギターですね。

    ありがとうございました♪

     


    DSC_0869
  • 電源ケーブル プラグ交換 ORB HP-HBL

  • 2016/07/28
  • Category:
  • DSC_0869

    お店で見つけて買ってしまった電源プラグ「ORB HP-HBL」です。定価8400円もするなら絶対良い物に違いない!と勢いで下調べも無しに買ってしまった物でした・・・(笑)

    以前のプラグ交換でマリンコ8215TからHBL-8215Cに交換してみると高音域の響きがちょっと好み的に違うかなぁと思い、変えたいと思っていたタイミングで見つけたので今回は交換してみました!DSC_0870見た目が似ているのですがORB HP-HBLの方は金メッキとなっています。金属端子のピカピカ感も違いますね。

    交換後の音質変化ですが低音が交換前よりクッキリしてより音像がハッキリ見える様になりました。高音は明るく伸びてくれる様になりました。これです、この感じが好みなんです!って改善してほしい部分の要望に答えてくれた様な音になり満足ですね。ケーブルを交換した時の派手な良い変化程ではない物の、細かい「後少し良くなってくれたら良いのにな」って思う所が上手く改善されており、これでもう不満は無くなりましたので電源周りは改造する事もないかなぁと思います。

    お金が掛かる分野ですけど、それ程の効果が体感できるのでオススメです。電源関係は「オーディオオカルト」と知らない人からネタみたな扱いを受けるのですが、ギターのシールドケーブルを交換して音が変わる事に気づける耳なら誰でもこの変化が分かります。特に最初から付いてる様な普通のケーブルから交換した時の変化は誰でも分かる位、凄く良く音が変わるレベルですので一度使って試してみてくださいませ~!

     


    DSC_0882
  • FenderUSA ジャガー フレットすり合わせ&スイッチ交換

  • 2016/07/27
  • Category:
  • DSC_0858 DSC_0859

    FenderUSA製ジャガーのフレットすり合わせ&スイッチ交換です!

    ネックは順反り状態でトラスロッドが限界状態です。スイッチは動かすと音が出なくなるポジションがあり交換する事となりました。DSC_0860

    Fender系のフレットすり合わせはスモールフレットが付いてると難しいです。状態が悪い程、100%の状態を目指し直そうとすればそれだけ多くのフレットを削る必要があり、ストレート出しにフレットが多く減る事となります。今回はトラスロッドが限界・順反り加えハイ起きという事もあり100%を目指すとフレットが無くなるレベルになってしまいます。程良い所で留め仕上げています。DSC_0875

    ジャガー・ジャズマスターはスイッチを破損させるパターンは多いですね。一応は使える状態ではありますが音が出なくなる時がある不安な状態だった為、相談し交換しました。古くなるとスイッチも内部からくすんでいき接点が悪くなっていきます。 DSC_0863

    完成です!DSC_0882ジャガーはクセのあるサウンドで好みが分かれるギターでしょう。リアPUはかなり芯が細くパリパリなサウンドですので音色が限られそうなサウンド、フロントとフロント+リアの音が良いですね♪

    ありがとうございました♪

     

     


    DSC_0980
  • 7月24日 SERIAL⇔NUMBER 高田馬場AREA

  • 2016/07/26
  • Category:
  • DSC_0980

    お世話になっておりますSERIAL⇔NUMBERさんの現メンバー最後のライヴが高田馬場AREAにて行われました。

    今回はリペアでお世話になっている方々も多く出演されており知ってる人も多いイベントでした。

    メンバーのタオさん・Tossyさんが脱退するとの事で最後のLiveでした。今回限りのセッションバンド達がシリアルさんの曲を多く披露した事からイベント自体もSERIAL⇔NUMBER祭りでした。雀夜さんが歌うSERIAL⇔NUMBERもかなり良い感じでした。仁さんも言ってましたね(笑)

    脱退という暗いニュースではありますが、明るく終えた最後のLiveで良かった事かと思います。脱退したとはいえ今後とも宜しくお願いします。

    観させて頂きありがとうございました!

     

    2016年7月24日(日) 高田馬場AREA

    SERIAL⇔NUMBER Presents 「可愛い子には旅させろTOUR -MY SWEET HOME-」

     

    【出演】
    SERIAL⇔NUMBER

    ジャックケイパー

    シリアル⇔NUMBERには20年頑張ってほしいセッション
    Vo.おかゆ(exイロクイ。ゆーり)
    Gt.haduki(Eliy)
    Ba.はち(Dolly)
    Dr.華威(シリアル⇔NUMBER OB)

    雪國結社~東京かえるスープ
    Vo.雀夜(トランスノート)
    Gt.琉杏(エルム)
    Gt.ワジョウ(ギャロ)
    Ba.ryo(m:a.ture/joppin:cal)
    Dr.カエデ(ギャロ)

    KuZ
    Vo.狂太郎(LAST OF FATE)
    Gt.イザナ(トランスノート)
    Ba.真悠(トランスノート)
    Dr.後日発表

    LIEVRE CLAY

    詳細はこちら


    DSC_0897
  • FenderUSA プレシジョンベース 調整

  • 2016/07/26
  • Category:
  • DSC_0897FenderUSA製のプレシジョンベースの調整です。

    何度もお世話になってるベースですがネックが柔らかく、ネックが順反りしたり逆反りしたりと安定しないベースです。今回は逆反りし過ぎにより音が出ない状態になっていました。梅雨の湿気を吸い込み過ぎて逆反りしたものと思われます。

    調整し仕上げましたが安定しないネックは日々シビアな保管が必要になってきます。楽器屋レベルを一般家庭で再現するのは難しいでしょう。大変な状態ですがその代わり音が良いのでそこまでしても使っていきたいベースではありますね。

    ありがとうございました♪

     


    DSC_0895
  • momose ジャズマスター 調整&ジャック交換

  • 2016/07/25
  • Category:
  • DSC_0895解散後もお世話になっておりますトランスノートのイザナさんからmomoseジャズマスターの調整でした。

    状態は特に問題ありませんがジャックの接触が悪い為交換、調整し仕上げました。

    24日はシリアルさんのイベントでセッションでした。とても楽しいイベントでした♪

    ありがとうございました♪

     


    DSC_0886
  • Epiphone レスポール 電気系直し&調整

  • 2016/07/24
  • Category:
  • DSC_0886

    Epiphoneレスポールの配線直し&調整でした。

    リアの音が小さいとの事で持ち込まれました。チェックしてみると3芯のコイルタップができるPUが付いており、リアPUだけタップされた配線で繋がっており出力が低い状態でした。その他にも改造された様な後があり、ハンダが簡単に外れる箇所等がありこの際に直しておきました。

    ネックが物凄い順反り状態ですがフレット状態が良くない事で音詰まりが起きる状態です。弦高を高めにして調整し仕上げました。良い状態にする場合はフレットすり合わせですね。次回ご検討下さいませ。

    ありがとうございました♪