月別アーカイブ: 2016年8月

    DSC_1327
  • 己龍 日本武道館 百鬼夜行

  • 2016/08/31
  • Category:
  • DSC_1327お世話になっております己龍さんの2度目の日本武道館公演「百鬼夜行」を観に日本武道館へ足を運びました。

    自分は日本武道館が初めて、己龍さんのLiveを観るのも初めてで入るのでテンションも高かったです。

    2階関係者席にも届かせるパワーと迫力のあるLiveで最初から最後までアツイライヴでしたね。多くのお客さんが「一体感」になる感覚でした。日本武道館を目指し、多くのバンドマンがこの地を目指す神聖な場所です。どれだけのバンドがこの場所に立てる事でしょうか。己龍さんの売れていなかった頃の話も聞いており、この地でLiveができる様にまで大きくなったのを思うとライヴが終わった時は泣きそうでした。感動です。

    観させて頂きありがとうございました♪また宜しくお願いします!!

     


    DSC_1315
  • A9 12周年ワンマン 新木場STUDIO COAST 「NO NAME」

  • 2016/08/31
  • Category:
  • DSC_1315お世話になっておりますA9さんの12周年ワンマン「NO NAME」が新木場STUDIO COASTで行われ足を運びました。

    ソールドアウトした今回のイベントは2004-2005オンリーという、世代的にあの頃を聴いてファンになった人達も多い事でしょう、アツイイベントになる事間違い無しでした。

    自分がアリス九號を好きになったのもこの位だったので、バンドが12周年で自分らも12周年記念の様な感覚ですね。ライヴDVDでしか観た事がないあの頃が生で見れるという、あまりに新鮮なLiveに最後まで激アツでした。約3時間、あっという間でした。メンバー皆カッコ良過ぎです♪

    観させて頂きありがとうございました!!また宜しくお願い致します!!

     


    DSC_1155
  • selva ストラトモデル 調整

  • 2016/08/31
  • Category:
  • DSC_1155selvaのストラトモデルの調整でした。

    昔と比べ、1~2万円の価格帯もかなり精度が良くなりましたね。昔は低価格帯では使える状態な物だけでマシと言われてた位で、音が詰まるは当たり前だったしネックはかなり順反り状態が当たり前の様にあったりしました。高校生の頃は安いギターばっかり買っていたのでかなり泣きを見ましたね・・・。

    今回調整したselvaはネックが大きく順反りしていたものの、調整は良い所まで攻め込む事ができたので物が良い証拠ですね。ここまで精度が良くなってる時代に驚きました。最初は弾き難かったものの調整をしっかりやればここまで良くなるんだなぁとお客様も驚いていました。

    ありがとうございました♪

     


    DSC_1184
  • Gibson customshop レスポールカスタム ペグ交換&調整

  • 2016/08/31
  • Category:
  • DSC_1180 DSC_1181

    Gibson customshop製のレスポールカスタムのペグ交換です。

    最近はロック式により弦交換を楽に行いたい方も増えていますね。DSC_1182

    GOTOH製のロック式ペグに交換です!

    その後は調整です。DSC_1184

    Gibsonはやっぱり音が良いですね。甘くマイルド、リアPUは交換してあるようですが明るく抜けが良くて使い易いですね。

    ありがとうございました♪


    DSC_1163
  • Gibson SG ナット交換&PU交換 当日仕上げ

  • 2016/08/30
  • Category:
  • DSC_1163GibsonSGのナット交換&PU交換の当日仕上げでした。

    ネックが物凄く順反りしており弾き難い状態です。ナットが消耗によりネック反りをロッド調整で仕上げると開放弦が詰まってしまいます。

    ナットの交換とリアPUをセイモアダンカンSH-6に交換でした。

    ナット交換後は反り調整もした事もあり物凄い弾き易い状態になりました。リアPUのセイモアダンカンSH-6は深く歪ませた時のブースト感が最初から出ている感じでとても弾き易いですね。アクティヴPUの様な整った感もあるので使い易いPUでしょう。

    ありがとうございました♪

     


    DSC_1234
  • ETA PD-11L 電源ケーブル交換 HIGH END HOSE 3.5

  • 2016/08/29
  • Category:
  • DSC_1234

    「究極の電源ケーブルだった」との商品説明を読んで買ってしまったHIGH END HOSE 3.5です。どんな音がするのだろう~と思っていたら少し悩んで買っちゃいました。

    使っているETA PD-11Lの電源ケーブルを交換して使ってみます。DSC_1233交換後の音質変化チェックとしてはフラット志向ですね。ギターを弾いているとコードの分離感や弦を弾いた時のニュアンスがTUNAMIと比べ良い感じにより出ます。楽器の再現率に向いてるケーブルなのか、TUNAMIとの比較ですが低音の感じと全体バランスが違うのかこちらのHIGH END HOSE 3.5の方が全体的に自然に聴こえる印象は受けます。TUNAMIも煌びやかでワイドレンジ、質量もある感じで音は好きなのですがHIGH END HOSE 3.5はフラットで原音に忠実というのか過度な味付けもなく、かといって短所もなく、自然にそのギターの音を出してくれる点で言えばこちらの音が好きかもしれません。一言で言えば弾き方によるニュアンスが非常に出易くなったのが凄いなと思います。弾き手を音に100%伝わってる様な感覚なのでアンプ等の楽器向けにはかなり良いかもしれませんね。オーディオにはまだ使ってないので分かりませんけどバランスを変えずに高音質化になるのでしょうか、今度はオーディオに使って試したいですね。買って良かったです♪

     


    DSC_1157
  • フジゲン レフティジャズベース 調整

  • 2016/08/29
  • Category:
  • DSC_1157フジゲンのレフティジャズベースの調整です。

    左利きの方は作られる楽器の数も少なく良い楽器を見つける事に苦労します。また左利き用もお店の方でも扱う数も少ないですね。あまり良い話ではありませんが左利き用ギター・ベースを過去に調整やリペアの際に楽器屋に持ち込むと嫌な顔をされたという話も左利きのお客様から何回も聞いた事もあります。右利きや左利きだろうとギター・ベースなので調整方法に何も制限はありません。当店は左利きのお客様も大歓迎です。

    フジゲンも物が良いので調整も良い感じに仕上げられました。カラっとしてて抜けも良く、音が良いですね。

    ありがとうございました♪

     


    DSC_1225
  • 電源プラグ ORB HP-HBL プラグ交換

  • 2016/08/28
  • Category:
  • DSC_1225

    以前手に入れて使ってみると効果の高さに2個目を買ってしまったORB HP-HBLです。

    今回はスピーカーの電源ケーブルのコネクタをHP-HBLに交換する事にしました。DSC_1226HP-HBLは使ってみた感じだと全帯域をフラットにブーストしてる様な感覚でクセなく全体的に良くなる印象です。交換してみると確かにその効果が出ましたのでオススメプラグです。今の所自分1番のお気に入りプラグですが、どうせなら使ってみた事がないプラグも買って使って試したい所ではあります。電源系のパーツは高額なので気軽に買って試すのも難しいジャンルですね。ある程度良い機材を揃えたら今ある機材をどれだけもっと音が良くできるか?ですね。電源ケーブル、重要ですよ♪

     


    DSC_1204
  • LANDSCAPE SWB-STD アップライトベース 調整

  • 2016/08/28
  • Category:
  • DSC_1204LANDSCAPEのSWB-STD、アップライトベースの調整です。

    弦高がかなり高くて弾き難く、PUもスポンジが小さい事で高さが上げきれず音が小さい状態です。ピエゾとPUの両方が使えるので便利ですが、ピエゾ自体も音量がそこまで大きくなく全体的に音量が小さすぎますね。

    弦高もブリッジだけで下げるには限界があり、下げきってもかなり高い弦高です。ボルトオンなのでシムを入れて調整。ブリッジが木製なのは良いですが指板Rに対し1弦の弦高が極端に合っておらず、1弦だけかなり高い弦高になっていたので溝を削って全体に合わせました。PUにもスポンジを入れて高さを上げました。

    完成後はお客様もびっくりする位弾き易くなり、アンプから出てくる音量も調整前の3メモリ分位まで下げた時と音量が同じになりました。PUの出力も上がった事からピエゾとのブレンドも音作りがかなり使い易くなったと思います。

    ありがとうございました♪


    DSC_1132
  • YAMAHA APX-4A 調整

  • 2016/08/27
  • Category:
  • DSC_1132YAMAHAのAPX-4Aの調整でした。

    アコギ・エレアコ等の生楽器は保管・保存が大変です。

    弦の張りっぱなしはネックを反らせる事はご存知だと思いますがアコギ等の場合はボディのトップ材が薄い事もあり、弦の張力でトップ材が持ち上がり弦高が上がる現象が起きます。古い物程その状態になってるものが多いですね。

    今回は調整で順反り状態のネックをロッド調整で直しましたがトップ材が持ち上がっているのとナット高が高いので弦高が高く弾き難い状態です。今回はイベントで1回だけ使う程度との事で必要な調整のみで終える事となりました。

    ありがとうございました♪