月別アーカイブ: 2018年10月

    DSC_2196
  • Ibanez TR70 ナット溝高調整&セットアップ

  • 2018/10/22
  • Category:
  • Ibanez製TR70のナット溝高調整&セットアップです。

    低価格のモデルはナットが高めの傾向ですのでローポジションが弾き難い等の症状が多いと思います。溝切り調整するだけでも大きく弾き心地が変わってきますので最初に行うリペアとしてもお奨めです。

    加工後は弾き易さも向上し大きく変わりました。元の音質も良く低価格帯とは思えない音質の良さがある固体ですね。しっかりとした状態にする事で大きく変わるのもまた低価格帯の楽しみがあるかもしれません。

    ありがとうございました♪DSC_2196
    ~今回のリペアプラン~

    ・セットアップ・・・3000円

    ・ナット溝高調整・・・2500円

    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    http://dns-guitar.jp/


    DSC_2214
  • Bill Lawrence BL-1 ナット交換&PU交換

  • 2018/10/21
  • Category:
  • ビルローレンス製BL-1のナット交換&PU交換です。

    お客様持ち込みのL-500へ交換しました。交換されているのか初期でL-500が付いていないモデルの様で、今回L-500を取り付ける事となりましたが名機ですよね。音質面で煌びやかでかつ使い易いパワーでギター的な音の位置に重きを置き易いサウンドです。ボリュームの調整でパワーを落としクリーン寄りにしてアルペジオを綺麗に鳴らしたりトーンを調整してトレブリーさを変える事で広い音色を持っています。私自身も好きなPUなのでお奨めしております。

    ありがとうござました♪DSC_2214

    ~今回のリペアプラン~

    ・セットアップ・・・3000円

    ・ナット交換・・・5000円

    ・PU交換・・・4500円


     

    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    http://dns-guitar.jp/


    DSC_2105
  • エドワーズ フォレスト セットアップ

  • 2018/10/20
  • Category:
  • エドワーズ製フォレストのセットアップです。新しめのフォレストは形状が変わってベベルドアーチになっており複雑なボディ形状をしておりますね。元からダンカンPU等やコントロール系も標準で良いパーツが付いているので上手く調整してしまえば十分使える固体に変化します。こうした変形ギターは塗装が難しいと思うので塗装が厚めなのか鳴りは大分落ち着いておりますがその分音も無駄無くタイトになっているので正確な音を出したい演奏には使い易いギターです。

    ありがとうございました♪DSC_2105

    ~今回のリペアプラン~

    ・セットアップ・・・4000円


    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    http://dns-guitar.jp/


    DSC_2167
  • FenderUSA ジャズベース フィンガーランプ・フィンガースロープ製作

  • 2018/10/19
  • Category:
  • DSC_2146 FenderUSA製ジャズベースのフィンガースロープ製作&フィンガーランプ製作です。2018年モデルかと思いますがFenderもトラスロッドにローラーナットを採用し、ネックの反り調整がネックを外さなくても調整できる仕様になりました。

    自分の感覚ではありますがトラスロッドがヘッドから調整できるタイプとネックを外してエンド側から調整するタイプとではエンド側にトラスロッドがあるタイプが音質が良い固体が多くある様に感じます。恐らくですがロッド溝を掘った後で埋め木がされるとはいえ強度が下がっていくヘッド側に空洞が増えると音質にロスが生まれるからでしょうか、エンド側にロッドがあるとジョイント部等の強度が高い部分に向かって掘られる事になるので空洞分の強度ロスを補う事ができるのか、あくまで自分が今まで触ったギター・ベースの総合データとして音が良いFenderタイプではエンド側で調整できるネックが多いとした話ですが、そうした仕様の音質変化も感じられる部分です。DSC_2167スロープ&ランプを製作し、取り付けて完成です!

    FenderUSA製も新しい年代製になるとハイエンド系に近いクオリティになってきており低い弦高も調整できる様になってきているので弾き易い調整も容易になりました。スロープやランプが必要になるテクニカル系の演奏は弾き易いベースが必需品になりますが、今のFenderはそのラインナップに入ってても問題ありませんね。かなり良くなったとの事で喜んで頂き嬉しく思います。

    ありがとうございました♪


    ~今回のリペアプラン~

    ・セットアップ・・・3000円

    ・フィンガースロープ製作・・・15000円~

    ・フィンガーランプ製作・・・10000円~

    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    http://dns-guitar.jp/


    DSC_2097
  • FenderCustomShop テレキャスターシンライン 配線直し&調整

  • 2018/10/18
  • Category:
  • フェンダーカスタムショップ製テレキャスターシンラインの配線直し&セットアップです。

    テレキャスターの電装トラブルは大体先に難のあるジャック取り付け部から始まり、リアPUからブリッジアースが取れていない・Fender全般のアース線をパーツの1つ1つ配線されていないモデルはポット等が緩みノイズ発生やトーンが効かない等の構造上のトラブルが出てきます。

    配線をやり直すだけでも最初のトラブルチェック時に音を出した時よりも音質が煌びやかになりましたね。やはり電装で一番大切な事はハンダ付けですね。良いパーツで組まれていてもハンダ付けが上手くできていないと劣化し台無しになってしまいます。

    ありがとうございました♪DSC_2097

    ~今回のリペアプラン~

    ・セットアップ・・・3000円

    ・配線直し・・・4000円

    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    http://dns-guitar.jp/


    DSC_2180
  • PRS custom24 セットアップ

  • 2018/10/17
  • Category:
  • PRS Custom24のセットアップです。

    新しいモデルは比較的にネックが動き易い印象はありますが数年で落ち着いてくると思います。余程の事が無い限りは非常に弦高も低く調整ができ音質も良いのでFenderやGibsonよりも人気がある様な印象がありますね。ハムバッカーのザグリが浅く、PUの取り付けビスも短く加工されビスが噛んでいる部分も少ない事からエスカッションからPUが外れて陥没してしまっている方も多くおられるのでビスを無くさない様にご注意下さいませ。無くされた場合はPUが交換されていなければインチサイズの物で代用可能ですがビスを短く加工する必要がありますので余計な工賃が発生してしまいます。ですがザグリを最低限で抑えている所も拘りを感じる所ですね。

    ありがとうございました♪DSC_2180

    ~今回のリペアプラン~

    ・セットアップ・・・3000円

    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    http://dns-guitar.jp/


    This photo is taken by AllWinner's v3-sdv
  • TAYLOR 710 ナット交換&フレットすり合わせ

  • 2018/10/16
  • Category:
  • Taylor製710のナット交換・フレットすり合わせです。

    かなり長年弾き込まれているとの事でナットは消耗により音詰まり、フレットは各所の消耗が大きく音詰まりが起きている状態をナット交換とフレットすり合わせでリペアしました。

    Taylor製は弦高が低く、そして音質が良く弾き易いという良い所取りなメーカーですのでお奨めです。アコギはマーチン・ギブソンの二台巨頭でしたがその中に入っている所まで定番のメーカーになっていると思います。ハイエンドの名に相応しいメーカーですので一度弾いてみたらその良さが分かるかと思います。

    ありがとうございました♪

    This photo is taken by AllWinner's v3-sdv

     

    ~今回のリペアプラン~

    ・セットアップ・・・3000円

    ・ナット交換・・・5000円

    ・フレットすり合わせ・・・8000円

    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    http://dns-guitar.jp/


    DSC_2137
  • Ibanez ProLineSeries フレットすり合わせ

  • 2018/10/15
  • Category:
  • アイバニーズ製の古い機種、プロラインシリーズのフレットすり合わせです。かなり弾き込まれている様でフレットの減りが凄い状態です。何年製かは分かりませんが80~90年製でしょうか、プロラインシリーズという名前通り当時は代表機種のRG等のシリーズより精度も良く弾き易い機種だったと思います。かなり状態がよくありませんでしたがリペアした事で現在でも十分に使えるギターに生まれ変わりました。

    ありがとうございました。DSC_2137

    ~今回のリペアプラン~

    ・セットアップ・・・4000円

    ・フレットすり合わせ・・・8000円

    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    http://dns-guitar.jp/


    WS000002
  • Warmoth コンポーネント 購入手順

  • 2018/10/15
  • Category:
  • 最近はWarmothを利用しネックとボディをオーダーし自分好みの仕様のギター・ベースを組むお客様が増えてきました。ワーモス等のコンポーネントブランドにオーダーして組み立てる最大のメリットはお手頃の価格で自分が求めてる仕様のギターベースが作れる・ハードウェアや電装等のパーツは自分が付けたいパーツを最初から付けて製作ができる・アメリカ製造の為音質が良い固体が作れる等のメリットがある事でしょう。

    音質は製造する環境にも大きく影響されると思います。アメリカ等の常に乾燥している事が多い環境では木材に不要な湿気が加わる事が少なく完成され塗装で保護される事で音に良い状態をキープでき結果的に音が良い固体になると思っています。

    国産の難しい所は湿気が多い環境での製造だからか、作りが丁寧でも音質面では海外製に負けてしまう事が多くあり結果として多くの方がメインに海外製のギターベースを選ぶ事と思います。しかし海外製の検品や製造基準は甘く、新品で購入しても中にはリペアが必要になる様な状態で販売されているケースがある場合もあります。

    そうした部分で製造はアメリカ等の乾燥地帯で製造されたネックとボディ、組み立ては日本等の丁寧な環境で組まれる等の良い所取りの物はないのか?という、音質面を選ぶのはアメリカ等の海外で製造された固体、組み込みは日本等の世界に誇る高水準の環境で組み立てる事が理想として上げられます。それを低価格で適えてくれるのがコンポーネントブランドを利用しネックとボディをオーダーし日本の工房等で組み立てる事を選択する事です。

    こうした事が一見難しい様に思いますが、今は誰もがネットを使って海外サイトを回覧でき、個人で世界とのやり取りが簡単にできる時代です。そうした時代の流れも踏まえ、購入手順の手助けになればと思い今回の記事はワーモスの購入についての記事です。

    ※今回の説明自体は不要かもしれない位に現在はワーモスのページも見易く簡単な仕様になっております。参考程度にご覧下さいませ。

    ワーモスホームページ Warmoth http://www.warmoth.com/

    WS000000翻訳が働くと言葉はややおかしくはなるのですが英語よりは分かり易くなると思います。

    内容が分からない場合は「?」のマークを押して詳細を見ましょう。どんな仕様にするか?数値はこの値で良いか?素材は何を選ぶか?が主に選択されます。また通常のFender仕様で構わないのであれば完成済みのネック・ボディを選択して購入できるページもあります。

    無難な選択としてネックとボディはセットで購入する事です。さすがにセットで購入すればワーモス側でネックポケットに合わない様な状態で出荷はしないと思いますが、別々で購入するとネックポケットに入らない等のトラブルが起こると思いますので要注意です。昔と比べ対応は親切になり精度は大分良くなっています。

    ネックのグリップ厚等は具体的な数値ですのでよく分からないと思います。自分のしっくりくるネックグリップをノギスで測り、同じ数値の値を入力すると誤差が少なく同じ様なネックグリップ厚で仕上がります。ペグ穴は間違えると取り付けができなくなり、新たにペグ穴を加工するのも大変になりますので付けたいペグに合わせた穴を選択下さい。

    WS000001アメリカはインチサイズの表記になり、インチで表記されても実際の大きさが分からないと思います。Googleで「インチ ミリ」等で検索すると値を変換し表示させるページが出ますのでこれらで大きさを確認しながら希望の数値をセレクトして下さい。

    WS000002ワーモスのサイトも非常に見易くなり、ボディは加工内容を選択すると右側に表示されるグラフィックに内容が反映され完成イメージが見て分かり易くなっています。加工内容を選択していくと取り付けたいパーツが無加工で取り付けできる様に最初から作ってもらえます。予め付けたいブリッジ等を決めてザグリや穴の仕様を間違えない選択していきましょう。PU等もシングルやハムバッカー、P-90等が取り付けできるザグリも選んで加工してくれます。

    昔はこれらのシステムが無く文章のみの中から選択して行うやり取りだった事もあり非常に注文がし易くなりました。また昔は製造精度もバラツキが多く、当たり外れが多く不安がある事からお奨めできそうもありませんでしたが、ここ数年で良い精度水準に保ってきている事もありこうして紹介しても問題無いだろうと思っています。

    形状や仕様にもよりますが完成イメージとして30~40万円するギターがトータルで20万円前後で作れると思っていいかと思います。気を付けないといけない点としては環境の違いから日本に届く際にネックの状態が湿気等で状態が変化する場合があるので塗装は必須、海外からの輸入には送料・関税等の税金が掛かるので本体価格とは別にお金が掛かります。やはり国内で使うには環境による反り対策として塗装がされている事・ネック内にカーボン等の補強材が入っている事が理想的です。

    こうして記事にしなくても多くの方は知っている内容かと思いますが、知らなかった方はこうしたコンポーネントブランドからネックとボディを購入する事で市販品を改造して使わなくても最初から自分好みの仕様で音質も良い個体を作る選択肢があります。どうしても組み立てによる工程は必要になってきますが、価格を考えても非常にリーズナブルでハイエンドに匹敵する固体が作れる事と思います。皆様のギターライフに役立てたら幸いです。

    読んで頂きありがとうございました♪


    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    http://dns-guitar.jp/

     


    DSC_2185
  • Taylor 210 セットアップ

  • 2018/10/14
  • Category:
  • Taylor 210のセットアップです。弾き易く音質が良いアコギとしてお奨めしてるメーカーですね。

    生楽器特有ですが日本の湿気に木材は非常に弱い様で、ネックの反りが数年は安定しない事と思います。Taylorは弦高も元が低いのでサドルを削って下げるのは要注意で、湿気でトップ材が膨らんで弦高が上がっているだけの場合があり冬場の乾燥で弦高が下がる場合もあります。反り調整で弦高が直れば問題ありませんが、トップ材の高さ変化で起こる弦高の変化は悩ましい所です。拘りのある方は夏用・冬用でサドルを使い分ける事もありますね。その為状態変化に伴いどうリペアするかも際どいラインにありますね。

    ありがとうございました。DSC_2185

    ~今回のリペアプラン~

    ・セットアップ・・・3000円

    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    http://dns-guitar.jp/