• DSC_1192
  • BELDEN 19364 RCAケーブル製作
  • 2016/08/22
  • Category:
  • DSC_1189 オーディオ用にRCAケーブルの製作です。

    使うプラグはスイッチクラフト製です。

    DSC_1191

    ケーブルのセレクトは非常に困りました。理由としては余ってるケーブルが非常に多いという事です。写真はその辺の撮っただけなので全く伝わらないですけどかなりの本数の使ってないケーブルがあります。何でも使わない事にはどんな音がするのか分かりませんから買っちゃいますね。

    新たに購入するのも何か勿体無いなぁ・・・と思い、余ってるケーブルを使う事にしました。そして何を使う?と決めないといけません。

    そこで余ってるケーブルの中で一番金額が高かったベルデンの19364をチョイス。ただしこれは電源ケーブルなのですがそもそもケーブル製作に「このケーブルはスピーカー用、これは電源ケーブル用。」と決まりはありません。さすがに電源には使う耐圧等に気を付けないと駄目ですけど。

    そんな理由でRCAケーブルなんですけど電源ケーブルのベルデン19364を使ってRCAケーブルの製作です。DSC_1192障害になるのは大きさの違いで、単純にプラグに入らないのでそこだけ気を付ければOKです。

    音に関してはベルデン=パワフルなミッド&ローなイメージですけどこちらはフラットな感じ+ミッドとローの少し付け足しといった音質です。クセがある程のローとミッドが出る様な感じは無いですね。

    これは意外に良い感じ。と言うより電源ケーブルの特徴として紹介されてる音質の内容がそのまま音に出てるので、電源ケーブル自体もスピーカーケーブルで使っても同じ変化がするかもしれませんね。以前スピーカー内部のケーブルもオヤイデのTUNAMIをバラした配線で組みましたが凄い効果でしたし、メートル単位が高額なだけに物自体は良いでしょうから使用用途を超えて使っても高い効果が得られる事でしょう。さすがにギター内部とかには太過ぎて厳しいですがやれない事はないのでやってみたいですね。内部配線はTUNAMIです!って(笑)