• DSC_1213
  • BELDEN 8422 ウーファー用ケーブル製作
  • 2016/09/24
  • Category:
  • DSC_1211 DSC_1212

    最近は定番のベルデン8412から8422に乗り換える方が増えていると最近話題の8422です。今回はウーファー用のケーブルで製作しました。8422自体はまだまだ楽器界隈では影の薄い存在で、自分もレコーディングで使ってるのを聴いたり弾いたりした程度ですが、聴感上ではバランスが良く8412みたいにドンシャリでパワー感をガツン!と言う様な味付けのクセが無いのも特徴です。ベルデンっぽい音の感じはしますがバランスは8412と比べて良いですね。組み合わせるプラグや楽器で使った時とオーディオで使った時では聴感上の印象は違うかもしれませんが。DSC_1213ウーファーを増設する事自体が初めてだったので元々使ってるケーブルが無いのでどの様に変化した?の比較材料がありませんが、8412はベースで使用していた事もあり自分の中でベルデンのイメージが迫力のあるミッド&ローなので8412等はウーファーにはかなりマッチするかなと思ってましたが今話題の8422って事でチョイスでした。恐らくですが8412だと低音が出過ぎてバランスが悪くなるかも?と思っての選択でした。そしてRCAプラグが以前の製作と依頼で作ってて足りなくなってしまったのでその場にあったNIKKO製のケーブルから外して流用、初導入のウーファーに使ってみたのでとりあえずは何も実験的な内容にはなっていませんね(笑)

    使ってみての感想はウーファーだとこのケーブルだけしか使用していないので比較対象が無く何ともコメントし難いですが、膨らみ過ぎない低音で他のスピーカーの邪魔にならない程度のローで納まっており全体バランスは良い感じです。これ以上ローが出てしまうと邪魔に感じてしまうかもしれないので程好い出方で良い感じです。本当ならスピーカーケーブルで試した結果の方が読んでる人には参考になりますが・・・。ちなみに楽器用としての使用は工房地下のCPRスタジオでのレコーディング現場で効果は実際に確認済みですのでシールドケーブルにもオススメです。8412で満足いかなかった場合には8422を試してみましょう♪