DSC_4008
  • ギターを作ろう!週刊ギタークラフト YouTubeのギター製作お役立ち動画まとめ ボディ製作編

  • 2019/03/22
  • Category:
  • YouTubeのギタークラフト動画まとめ ボディ製作編

    今回はボディ製作を1枚の材から製作する方法で、特に接着等の作業が無いボディの製作工程です。

    DSC_3720

    ネック製作はネック編をご参考下さいませ。

    ネック製作編

    ~1枚板からボディ製作編~

    ボディ材は市販品として用意されています。ネットでも「ギター ボディ材」等で検索すると接着済みで整えられたボディ材が販売されているページが見つかると思います。

    最初は加工済みのボディ材を購入した材を元に製作しましょう。自分で貼り足して2ピースボディを成形する際はプレーナーやハタガネ等の接着作業が必要になります。

    DSC_3483

    特に接着作業を必要としない、最初から指定の厚みで接着済みのボディ材を入手すると加工は非常に楽になります。

    トップ材を貼ったりしない様であれば45mm厚のボディで問題ありません。

    薄く作る場合は業者に厚み出しをお願いして薄くした状態で購入するのも手ですが、乗るパーツ(特にブリッジ)によって厚みが必要になる場合がありますので注意しましょう。
    シンクロやフロイドローズはブロックの厚み分、ボディ材の厚みが足りないとバック面からブロックが飛び出してしまいます。

    DSC_3635

    接着等で材の状態を変えないのであれば主にザグリを掘っていく作業になります。

    外周の切り出し等はバンドソーが無い等の方法はネック製作編をご覧下さいませ。

    ボディの加工はYouTubeでもお話している通り行程は簡単です。

    基本的にはザグリを掘っていく事になるので、加工技術が必要になる場面は外周加工の加工位で、ザグリを入れていく行程はしっかり把握していれば初めてでも失敗せず行える事と思います。

    スケールさえ分かれば掘る位置や、パーツが分かれば掘る数値が分かるので規定通りにザグリを行っていくだけの作業になります。DSC_3637

    作業の工程としてはピックガードを作るのが先になるのですが、後からでも問題ありません。

    特に仕様が確定しないまま作業が進んでいる場合(どうするか迷っている等)、後から変更するかもしれない部分は後回しにして確定している所から加工する等をしましょう。

    ザグリは冶具を作って掘っても構いませんが、腕に自信があればルーターのフリーハンドで掘ってしまう方が楽です。毎回オリジナルの冶具を作るのは大変なので、いつもコントロールザグリはフリーハンドで掘っています。

    DSC_3639

    YouTubeでもお話しておりますがボディ製作はとても簡単です。難しい事は特に無く、仕様を決めていきザグリを掘っていくだけになります。

    行程を確認しながら間違えずに行っていきましょう。

    初めてギターを作る際はミスする事もあると思います。ピックガードのギターは万が一ザグリのミスをしてしまってもピックガードで隠れてしまう部分なのでどうにかなります。
    初めてギターを作る際はピックガードのギターで行うとミスした際にピックガードのデザインを変えてミスした部分を隠してしまう方法もありますので万が一の際は仕様を変更して修正する方法も考えておくと良いかもしれません。

    DSC_3652

    コントロールのザグリ形状も基本的に自由です。

    付けたいパーツが付く様に、配線の取り回しやパーツが材に干渉しない様にザグリ形状を決めましょう。勿論ですがピックガードで隠れる範囲でザグリを掘っていきます。

    忘れがちなのはピックガードはビスで固定する物です。固定する部分を忘れてピックガードで隠れるギリギリまでコントロールザグリをザグってしまうとピックガードがビス留めできません!笑

    ピックガードの製作は1枚の板から始まります。

    まず両面テープでボディに固定し、ジョイント部をトリマーにガイドビットでツライチ加工し、そこから外周に合わせて加工していきましょう。

    DSC_3674

    ピックガード形状も自由です。自分のオリジナルデザインを作ってみましょう。

    ザグリ類が終わった後はボディ外周をビットで外周のR付け、バックカットやエルボーカットを付けて完成です。

    塗装が薄い場合は先にビス穴等を空けておいても問題ありません。

    またピックガード加工は形に拘ると加工も大変になります。地味にピックガードは製作するのが大変ですので、作業工程を楽したい場合はピックガード無しのモデルがオススメです。

    DSC_3656

    このモデル自体は途中までずっと仕様が決まらないまま製作が進んでいました。

    途中から「P-90も使いたいな。」と思い、でも「ハムバッカーが付いたモデルにも作りたいし。」とか。

    最初は3シングルで作業が進んでいましたが、結果として悩んでしまって決まらないので後から全てのPUが乗る様に加工し直してしまいました。

    ピックガード仕様のギターは自由度が高いです。後からのパーツ変更にも柔軟に対応ができますので、PUのレイアウトに迷っていたらピックガードのギターを製作するのがお勧めです。後から仕様変更に柔軟に対応ができます。

    DSC_3715

    結果、全てのPUが使える様にザグリを空け直しました。

    後から仕様を変えたい場合はピックガードを作ってしまいP-90が3つ、HSHのピックガードを作っておいて用途によりピックガードを交換して3パターンが使えるギターにしました。

    DSC_3690

    ピックガードもP-90モデル、ハムバッカーモデルを作って計3種類の仕様にチェンジできるモデルにしました。
    新たに2枚もピックガードを作るのは地味に大変ですが、1本のギターで様々な音色が作れる仕様になるのもまた魅力的になります。

    またギター製作ではありませんが、他と違うカラーのギターが欲しいだけ等は塗装前の状態で加工済み状態で販売されたボディも販売されています。例えばテレキャスターを使っていてボディだけを他と違うギターにしたい場合は↓の加工済みボディを購入してカスタムするのもオススメです。

    ONE PERCENT《ワン・パーセント》 2-Piece Alder/60s TL Body [エレキギター製作用ボディ材]

    価格:27,000円
    (2019/3/22 16:30時点)
    感想(0件)

    これらを購入し、自分好みのカラーに塗装して組み込む事も手軽に行えるギタークラフトの一つです。

    またこれらボディを元にザグリを掘って通常は付けられないパーツを付ける等、上記である方法の様にピックガードをオリジナルで作って取り付ける等してカスタムする事も面白いですよ。

    一から作る事にはなりませんが、手軽に行える選択肢としてこうした方法もある事を覚えておくと良いでしょう。

    バーナー焼き

    今回のギターはバーナーで焼いたモデルです。

    アッシュ系の性質として、木材の導管が燃えやすい性質があります。火を当てると綺麗に導管だけが燃えてくれます。

    バーナー焼きのコツは動画を参考下さいませ。

    DSC_3717

    意味があるかは分かりませんがザグリ内も焼いてみました。音が普通に焼くより良くなったかは完成後には分かりませんでした。笑

    バーナーで焼くと内容としては強制乾燥と同じ効果が得られると思います。

    水分が飛ぶと思いますので表面はカサカサになり、材を叩いた音も響きが良くなります。

    ~塗装~

    DSC_3841バーナー焼きのナチュラル仕様はシーラーに薄いトップコートで結構良い質感になりますのでお試しあれ。

    次回の記事、ラミネートボディ製作編で塗装の細かな詳細を書いていきたいと思います。

    DSC_3842
    塗装後は組み込みです。

    使うピックガードは結局、最初に決めた3シングルになりました。

    予めボディには全てのPUが取り付けできる様にザグリを加工していますので、使ってみて仕様を変えたくなった場合はピックガードを交換するだけでP-90やハムバッカーのギターに仕様変更ができます。

    DSC_4008
    完成です。この瞬間が一番嬉しいですよね。

    YouTube動画でもお話していますがボディだけを作る場合は簡単なので、最初は市販品ネックを用いてボディを作ってみるのもオススメです。

    モチベーションが上がると思いますので、難易度の高いネックは2本目にチャレンジしてみても良いかもしれません。

    DSC_4014
    作ったばかりのギターはあまり良い鳴り方をしません。
    最初は時間を掛けて弾いていると音がすぐ分かる位に良くなっていきます。
    エイジングの様な感覚に近いと思いますが、その感覚を感じると思います。

    科学的根拠はありませんが実感はしています。「弾けば音が良くなる。」は本当です。ギターを作った人は分かるはずです。

    製作したばかりの音と、弾き続けて1ヵ月も経った音は全然違います。ギタークラフトはその体感もしてほしいです。

    読んで頂きありがとうございました♪

    ギタークラフトの参考になれば幸いです。

    ~ギタークラフト関連記事~

    ギターを作ろう!週刊ギタークラフト YouTubeのギター製作お役立ち動画まとめ ネック製作編

    これからもYouTubeでギタークラフトに役立つ動画の発信、ギターに役立つ話を発信していきますので宜しくお願いします。


    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    ●ホームページ Draw a New Sound

    ●YouTubeではブログでは語られない裏話からギターの作り方まで掲載中!
    マイチャンネル YouTubeチャンネル

    ●ツイッター DNS_Guitar




    P1010522
  • YouTubeを更新しました。 54 ギターの役立つ話Vol.29

  • 2019/03/22
  • Category:
  • YouTubeを更新しました。

    グランドセフトオートでドライヴ&アーマードコアをしながらギターの話 その1 Vol.29



    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    ●ホームページ Draw a New Sound

    ●YouTubeではブログでは語られない裏話からギターの作り方まで掲載中! 
    マイチャンネル YouTubeチャンネル

    ●ツイッター DNS_Guitar





    DSC_0297
  • custom audio Japan AC/DC Station VI パワーサプライ アダプタジャック交換

  • 2019/03/21
  • Category:
  • カスタムオーディオジャパン製パワーサプライのジャック交換です。

    入力ジャックの消耗により接触不良が起きて通電せず、動作しない状態になっているのでジャック交換にて直しました。

    使用の上でかなり気になる点がある機種なのですが、元から付いているメインのアダプタジャックの規格が違うので普通の市販品エフェクター用アダプタで使われる2.1mmアダプタが入りません。電力を分岐させるアダプタジャック部7ヵ所は2.1mmです。

    エフェクター用で販売されている多くのアダプタが使えない機種なので非常に困ると思います。

    また純正アダプタもアンペア数が低く、多くエフェクターを繋げる場合はやや不安なアダプタです。

    直すついでにメインのジャックは2.1mmアダプタジャックに交換し、一般的になエフェクター用アダプタが使える様に改良しました。これにより市販の大容量アンペアのアダプタも使用可能になりました。

    パワーサプライに繋ぐエフェクターの数により市販のエフェクター用アダプタでもアンペアに不安の場合、一般的なアダプタで2.1mmではないアダプタの場合はプラグを交換すれば使用可能です。

    一般的なアダプタはセンタープラスの物が多いので、パワーサプライの回路内に整流ダイオードで極性問わず使用できる際はそのまま繋げて問題ありませんが極性の指定がある際は変換アダプタを使用するか、アダプタのプラグ自体も交換してしまい極性を変えて配線する等して使用する事ができます。

    Bossで売られているアダプタは200mAしかありませんのでパワーサプライで使うには容量不足になる恐れがありますので注意しましょう。アダプタは何でも使える訳ではありません。

    1A程度あればエフェクターのボード内で電力供給が問題無いと思いますが、ボードを分けてドライ・ウェットで空間系で数多く固めたボード等は消費電力が大きくなるので容量が少ないアダプタは不安になる場面もプレイヤーによっては大容量アダプタが必要になってきます。

    ありがとうございました♪
    DSC_0297

    ~今回のリペアプラン~

    ・エフェクターリペア・・・1000円~

    ・ジャック交換・・・1000円~

    ~商品詳細~

    CAJ (Custom Audio Japan) AC/DC Station VI パワーサプライ 【カスタムオーディオジャパン】

    価格:8,208円
    (2019/3/20 14:20時点)
    感想(0件)

    CUSTOM AUDIO JAPAN PBHUB6-C(W/CABLE) POWER BLOCKS パワーサプライ&PB12DC9-2.1 電源アダプターセット

    価格:5,580円
    (2019/3/20 14:21時点)
    感想(4件)

    CAJ(カスタムオーディオジャパン) / AC/DC Station IV – エフェクター用パワーサプライ – (アダプター、DCケーブル付き)

    価格:11,664円
    (2019/3/20 14:21時点)
    感想(0件)

    PA-150B ヤマハ ACアダプター YAMAHA

    価格:3,030円
    (2019/3/20 14:33時点)
    感想(0件)


    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    ●ホームページ Draw a New Sound

    ●YouTubeではブログでは語られない裏話からギターの作り方まで掲載中! 
    マイチャンネル YouTubeチャンネル

    ●ツイッター DNS_Guitar







    DSC_0269
  • S.yairi YD フレットすり合わせ

  • 2019/03/19
  • Category:
  • S.yairi製YDのフレットすり合わせです。

    古い年代製で消耗も大きく音詰まりが発生している状態でした。

    トラスロッドが入っていないモデルで、しかし状態は逆反りしている珍しい状態です。

    すり合わせだけで直すには中々大変な状態でしたが無事に仕上げられました。

    ロッドが入っていない方が音が良いのは確かですが、反りは絶対に避けられないので入れてある方が良いですね。
    久し振りに凄い状態の物を直した事と思います。

    アコギでも人気が高いブランドだけに中古品は使い込まれた状態の物が多いと思いますが、サウンド面は非常に良くできたギターですのでオススメです。

    ありがとうございました♪
    DSC_0269

    ~今回のリペアプラン~

    ・セットアップ・・・3000円

    ・フレットすり合わせ(ロッド無)・・・12000円

    ~商品詳細~

    S.yairi エスヤイリ アコースティックギター YDT-18/VS ハードケース付 仕入先在庫品【10P03Dec16】

    価格:97,200円
    (2019/3/18 21:18時点)
    感想(0件)

    S.yairi エスヤイリ アコースティックギター YO-28/N ハードケース付 仕入先在庫品

    価格:153,197円
    (2019/3/18 21:19時点)
    感想(0件)

    S.Yairi YD-302 1970年代製【名古屋店在庫品】

    価格:75,384円
    (2019/3/18 21:19時点)
    感想(0件)


    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    ●ホームページ Draw a New Sound

    ●YouTubeではブログでは語られない裏話からギターの作り方まで掲載中!
    マイチャンネル YouTubeチャンネル

    ●ツイッター DNS_Guitar




    P1010742
  • Youtubeのギター話まとめ Vol.23~Vol.28

  • 2019/03/19
  • Category:
  • ロックマン6をしながらギターの話まとめ

    Vol.23


    ファミコンのBGMは結構名作揃いです。
    使える音が少ない中、手段が少ない中で考えられたメロディは今現在聞いても良いメロディです。

    海外製ギターが良い?の話。
    日本製は精度は良いが音質が海外製に勝てない気がする話。
    日本は湿気が多い国という現地に原因があるのか、湿気を吸っている環境の中で完成されるのでサウンドに影響があるのか、リミッターが掛かっている様な鳴りきらない感を感じる個体が多い様に思います。
    海外製は乾燥地域だからか、そうしたリミッター感を感じないですよね。

    木材の話。
    大手メーカー程、木材の仕入れ条件が良い様です。

    ※何故か途中の映像が無くなっている為、後程の動画で続きがあります。

    Vol.24


    平面性の話。
    精度は正直あまり当てにしない方が良いと思います。磨き作業で崩れたり、金属も最初から変形している等してウネリがある場合があります。
    気になる際は手直しですね。

    高校の時は弱虫ペダルみたいな、自転車部をしていました。

    電池のトラブルは地味に多いです。100円ショップ等の電池は9Vの残量が無かったり、売れ残った物は時間が経って放電している場合があります。

    Vol.25


    ベースも世間の感覚が変わってますよね。
    試奏動画も何故スラップだけで弾くの?と、疑問に思う動画が多くなった気がします。笑

    EMGは古いハンダ付けの物、新しいコネクタの物で音が違うと思います。古い物の方が音が良いですね。

    その他ゲーム雑談。

    Vol.26


    ※途切れた部分からの続き。

    子供の頃はゲーマーでした。ギターを始めるまでは音楽をする事は無縁でした。
    漫画を見て影響され易い性格でした。医者になりたかったりプロボクサーになりたかったりといろいろありました。
    いろんな事をやりましたが、そうした経験があって今がありますよね。

    年収の話。
    ギター製造系の給料は月15~17万円程度です。
    音楽系の仕事は給料が安い所が殆どです。好きだからやるといった気持ちが優先して持ってないと厳しいです。

    配線の話。
    正しいハンダ付けができていないと正しい音が出ていない可能性があります。
    簡単に見えて難しいですよ。

    サウンドの話。
    音の良さとは「楽器にしか出せない音」だと思います。逆に言うと機械っぽくない「良くない音」が良い音になるのかもしれませんね。

    Vol.27


    エフェクターMODの話。
    パーツで音が変わります。値段が高い安いは関係無いですね。組み合わせ次第です。

    ペグの音の話。
    ペグはロック式にするならスパーゼルがオススメです。

    電源ケーブルもいろんな物を使いましたが、普通のケーブルでも全然良いですよ。

    Vol.28


    子供の頃に遊んでたおもちゃ等が今の人生に役立っていると思います。特にミニ四駆ですよね。
    遊びで様々な物作りに携わってた事で今がある様に思います。
    最高の世代ですね。

    話中に言ってた曲がこれ↓ですね。


    長々と読んで頂きありがとうございました♪


    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    ●ホームページ Draw a New Sound

    ●YouTubeではブログでは語られない裏話からギターの作り方まで掲載中! 
    マイチャンネル YouTubeチャンネル

    ●ツイッター DNS_Guitar