• DSC_4549
  • BOSS MT-2 メタルゾーン MOD
  • 2016/01/24
  • Category:
  • DSC_4488

    以前リペアしたBOSS MT-2 メタルゾーンのMOD依頼です!

    お客様からのMOD内容はフィルターバイパス・電源を18V化・コンデンサを全て良いパーツに変えてほしい・付いてるコンデンサの一部値を変更・スイッチで歪み切り替えがしたい、ジャックをスイッチクラフト製に交換して耐久性UP・LEDを青に。
    の内容になります!

    DSC_4509
    BOSS製は価格が安い事もあってコストの制限があり、組まれてるパーツは安価な物です。
    これらを単純に良いパーツに交換するだけでも音が変わりますのでお試しあれ。
    18V化の際も知ってるかもしれませんが付いてるパーツの耐圧が低い問題がありますので、それらの低い耐圧のコンデンサを交換する必要も出てきます。

    DSC_4511

    耐圧の話が出たので、自分に経験はありませんが純正アダプタかちゃんとしたメーカーの物以外のアダプタでエフェクターを使っていると稀にアダプタから9V以上の電気が流れ、耐圧が低いコンデンサが破損し音が出なくなるそうです。
    携帯の充電器も指定の充電器以外の使用は保証できませんとあったりするので似た事かもしれません。
    ちゃんとしたアダプタの使用と、簡単に壊れない余裕を持った耐圧で組むのが安心ですね。

    DSC_4512

    エフェクターはパーツ点数が多いので「塵も積もれば山となる」状態です。
    パーツがたくさん必要になりますので今回の様に「パーツ代は予算約○○円位まで」と決めた方が予算に合わせてパーツを選べて良いかと思います。
    単純に良いパーツになる程高額でパーツ自体も大きくなるので、取り付けてケースに入らない!等のトラブルが起きない様に注意して選びます。

    ギターのトーンコンデンサも「同じ種類のコンデンサでも耐圧が大きい方が音が良い」と好んで使う方も居ますので、一度その辺りがどれ程変わるものかチェックしてみたいですね。

    また少し話が脱線しますが、コンデンサはシングルPUには0.047uf・ハムPUには0.022ufと決まってる訳ではありませんのでご注意下さいませ。
    これらはあくまで「一般的に」で、自分好みで変えてしまってOKです。
    昔ロータリースイッチを使いトーンコンデンサ切り替えができる5弦ベース「刀-katana-」を作りましたが、コンデンサが無し・0.022uf・0.033uf・0.047uf・0.068uf・0.1ufとやってみました。自分の好みだと0.1ufの音が好みだったのでこの辺りは自分で使って弾いてみないと評判は当てにならなそうです。

    DSC_4513
    話が戻りますが全て組み込み動作チェック。
    無事にOKです♪写真、完成したの撮ったつもりなのに無くて、これはまだ途中の写真ですね(汗)

    DSC_4549

    音に関しては明らかに初期状態より段違いに音が良いですね♪太く厚みがあるサウンドはアンプの歪みの様な音です。
    歪みのスイッチ切り替えでダイオード切り替え(LED通し・LED+シリコンダイオード)の2種類が選べます。LED+シリコンダイオードはディーゼルっぽいです。
    歪みのノリが良いと言うか、これは粒が綺麗になって歪みで潰れ難く見えてきますね。
    エフェクター版ディーゼル、と言って良いでしょう。これは良い♪LEDに切り替えた音は弾いた印象だとマーシャルの荒い音に更に歪む様に足した音ですね。
    歪みを下げ目にしたらメタルゾーンって印象から離れて普通のロックもいけそうです♪こちらも良いですね♪

    DSC_4550

    BOSS製品は評判的にあまり良くないのが謎なのですが、コストの問題で安いパーツで組まれたのを良いパーツに変える事で本来あるべき姿に変える、と言えば良いのか、元が良いからこそちょいと改造するだけでこんなに良い物になるのもBOSSの技術力でしょう。良いメーカーです。BOSSのエフェクターはあまり使わないだけにかなり見直しました。メタルゾーン、名器です♪

    ありがとうございました!