• DSC_4615
  • FenderUSA ジャズベース フレット交換
  • 2016/02/01
  • Category:
  • DSC_4596 DSC_4595

    FenderUSAのジャズベースをフレット交換の依頼です♪DSC_4597

    今回はネック状態に難があり、ハイが起きているのとトラスロッドが限界に近い等、お客様と相談しリペアプランを決めていきました。指板調整でトラスロッドに余裕を作る様に指板を削ってストレートを出した方が理想的ですが、そうすると指板が無くなるレベルにまで反っている事、現在シムが入っててやっと弦高が合ってる状態なので指板削りのストレート出しで減った分弦高が高くなるので厚いシムが必要になりハイがまた起きてしまいやすい取り付けになってしまいます。この場合はポケット底面に材を敷いて重増しが良いですね。

    今回はお客様にいろいろなリペアプランを提示し、トラスロッドは限界に近いがあまり削らないで仕上げる方向になりました。

    ハイ起きがそのままだとフレットすり合わせ時に多く削り修正をする事になるのでフレット打ち前の指板調整で削り修正。そして全体的に削ってみて指板上のウネリも大きく、修正にもある程度削る必要がある状態でした。その為Fender系のフレット溝は浅いのが多いので、修正で削った分フレットが入る分の溝の深さが足りなくなったので溝の切り足しを行いました。

    DSC_4609

    使うフレットはJESCARです♪

    JESCARフレットは1度使うと良さが分かるかと思います。既にある国産メーカーも今まで国産フレットを使っていたのをJESCARに全て切り替えてるメーカーもあります。DSC_4610

    フレット打ち完了です♪フレット交換はただフレットを変えるだけではなく指板を削り状態を良くする事で調整でも低い弦高にできる事や、この機会に円柱指板から円錐指板にもできますのでプレイする上で調整がかなり責めれますので弾き易くなる多きなメリットがあります。

    DSC_4613

    すり合わせし、ナットを交換して完成です!

    DSC_4614

    調整し音出し!

    JESCARフレットに交換後は音の粒立ちが向上し響きが綺麗になりましたね♪ルーズな音程感がシャキっとした音程感に変わり、弾いてて気持ち良いですね♪

    DSC_4615

    完成です!

    今回は納期が早めの依頼だったのですが他のお客様依頼が多く受け取りから3日にて作業を完了しました。1週間後の受け取り予定までは余裕で間に合いました♪受け取りの方宜しくお願い致します。

    ありがとうございました!