• DSC_4816
  • FenderUSA テレキャスター フレット交換&ナット交換&セレクター・ジャック交換
  • 2017/10/12
  • Category:
  • DSC_4464  FenderUSA製テレキャスターのフレット交換・ナット交換・ポット&ジャック交換です。今までノーメンテナンスでかなり長く使ってきたギターとの事でかなり弾き込まれ各所で消耗が激しい状態です。通常の使用でも難が出そうな状態だった為、ナット・フレットの交換、ガリが酷くリアの音が出ないセレクターやプラグを動かすと音が出なくなるジャックを交換する事となりました。DSC_4466フレットの消耗は特に凄まじく、余程弾き込まないとこの状態にはなりません。またFenderには珍しい状態でトラスロッドがかなり良く効く固体により反り調整の範囲が広く特に追加修正費も発生せず行えました。Fenderは製造精度の問題なのか、トラスロッドがあまり効かない固体が多く、多少の順反りでも直すのにロッドをかなり回す為、すぐロッド限界等の状態になってしてしまいフレット交換時にその修正等で追加料金が発生し易いです。DSC_4813 交換するフレットは多くのメーカーでも採用されているJESCARフレットです。音質も良く通常のニッケルシルバーよりやや硬い事から寿命も長くなります。ステンレスフレットの音質は嫌だけど普通のニッケルシルバーよりサウンドに明るさが欲しくて寿命が欲しい方にオススメしたいフレットです。DSC_4816フレット交換後はナットを整形しセットアップして完成です!

    錆びついたブリッジサドルも新品に交換し生まれ変わりました。音質も煌びやかで粒立ちの良いサウンドは弾いてて気持ち良いですね。フレット交換で指板のウネリも取れるので、弾き心地も見違える様に良くなります。テレキャスターはシンプルなゆえ個体差が大きく出易い楽器にも思います。歪ませてギャンギャンと荒いサウンドにもマッチしますし良いギターをリペアできて嬉しいです。

    多くのギターをリペアしてきてますがやはり弾き込まれた楽器とは他のギターと全然違ってて、ピッキングの反応が良く出てくるなぁと感じています。新しい楽器は縮こまったサウンドで変なリミッターが掛かった様な限界を感じる狭くまとまったサウンドが弾き込んでいくとレンジも広がりリミッターが掛かって限界と感じてた音域感も広がっていきます。鼻詰まり感が良くなっていくと表現したら良いのか、そこから低音が硬くない豊かな柔らかい低音になり高音は耳に痛くない上がり方をしてくると言うのか、ヴィンテージ等の古い楽器が状態も悪く実用するには大掛かりなリペアをしないと使用が難しい状態の物が多いのに選ばれる理由も触ってて実感しました。使い込まれた楽器は状態が悪くなってきますがそこは直せますので、長く使い愛されたギターはちゃんとプレイヤーの意思に答えてくれる様になるんだなぁとリペアしてて感じます。

    ありがとうございました♪


    ~今回のリペアプラン~

    ・ナット交換・・・5000円

    ・フレット交換・・・25000円

    ・セレクター交換・・・1500円

    ・ジャック交換・・・1000円


    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線  田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    http://dns-guitar.jp/