• This photo is taken by AllWinner's v3-sdv
  • musicman silhouette ナット交換&フレット交換
  • 2018/04/10
  • Category:
  • ミュージックマン製シルエットのナット交換&フレット交換です。

    フレット交換のタイミングをよく聞かれますがその基準は自分の判断になります。具体的にはフレットが消耗により大きく減った状態にて持ち込まれる事が多いと思いますが、すり合わせで直せるが完成後のフレット高が低くなるのでこの高さ的に自分にとって弾き難い位フレットが低くなると思う場合はフレット交換を選ぶ事が適切です。フレットが低くなっても気にならず弾けるという場合はすり合わせで対応できます。大きいフレットが付いている程、すり合わせできる余力があるという事になります。もう少し詳しくするとすり合わせで対応するとしても山形状が整形できないレベルまで削る必要がある状態だった場合は完成後のピッチ状態に悪影響がでますのでこの場合はフレット交換が良い例です。

    フレット交換は指板を削る事ができるタイミングですのでウネリや反りを削って修正できます。多くのギター・ベースは弦を張りっぱなしで使っている方が殆どだと思いますのでハイポジ起き状態のネックが多くあります。これらの難がある状態でのすり合わせは多くフレットを削りストレートのラインを作る事になるのであまり良い方法とは言えません。お客様の予算都合でやらざるを得ない場合はしょうがないと思いますが、フレット交換時はこれらの難点の修正を行えるので総合的に本体のポテンシャルを上げるリペアとしてはフレット交換を選ぶ事もお勧めです。

    今回は大きく減った状態でしたのでフレット交換しやや高めのミディアムジャンボを打ち長く使っていける状態で仕上げました。フレットの大きさで音が変わります。ジャンボフレットになる程、金属質量が大きくなる事からステンレスフレットとまではありませんがニッケルシルバーでもキンキンとした高域成分が増えていきます。小さいスモールフレットは金属的な硬さも音質への影響が少なく、音としては良いフレットなのですが寿命という観点において致命的な仕様です。減ればすぐ交換のタイミングになってしまいます。その観点から無難のミディアムフレットが多くのギターベースに付いており、現在はやや高めのミディアムジャンボが多く付いている事に変わってきておりますね。

    フレットの高さは好みが分かれると思いますので、いろんなギターを弾いて自分の好みに合うフレットに打ち換えると良いでしょう。状態により金額の上下が大きいリペアではございますが状態に難が無ければカスタマイズする意味で選択される事もお勧めです。

    ありがとうございました♪


    ~今回のリペアプラン~

    ・ナット交換・・・5000円

    ・フレット交換・・・25000円


    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線  田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    http://dns-guitar.jp/