タグ別アーカイブ: 4芯シールド線

    DSC_3186
  • ハムバッカーPUの配線交換

  • 2017/03/05
  • Category:
  • DSC_3182中古で買われたハムバッカーPUの配線が折り曲げられており、何箇所か大きく曲がった部分を真っ直ぐに折り曲げ直して使っていると音が出たり出なかったりするという状態で持ち込まれました。また配線自体も元が短くてそのままでは届かないので別の配線材で延長してるのが気持ち悪いとの事と、配線を動かしたりすると音が出たり出なかったりするとの事で配線を交換したいとの依頼内容です。

    中古パーツを買われる際もお客様が気を付ける点としては安く購入できる分リスクは付き物です。内容により保障も無かったりしますのでより慎重に購入は検討しましょう。

    DSC_3183ハムバッカーPUは昔のモデルを再現している物は実際に木製プレートが入っていたりします。ハムバッカーPUは実際にこうして修理の際は中を分解して配線を交換する際に1芯シールド線のPUを4芯シールド線のPUとして作り変える事も可能です(コイルタップ等ができる様になる)。特にGibsonのフロントPU等は巻き弦がブーミー過ぎると感じてる人はハムバッカー内で直列繋ぎ(シリーズ)になっているのを並列繋ぎ(パラレル)またはタップで鳴らして試してみるのも新たな発見としてもしかしたらしっくりくるかもしれません。

    DSC_3186新しく長い配線に交換し作業完了です!

    実際、こうして分解して思い付く事は片方のコイルを別のPUから持ってきて組み合わせする事も可能で、実際にPUだけで自分だけの音を作る事も可能です。別のPUから片方のコイルを持ち込んで組み合わせる、そんな事をしてる所も殆どないかと思いますのであのPUとこのPUの音が気に入ってるからこの2つの片方のコイル同士を組み合わせたらどんな音になるんだろ?程度で実験してみるのも良いかもしれません。自分だけのオリジナルPUを作り出す事ができます。実際に片方の巻き数を変えて作っている機種もありますので、組み合わせに決まり事はありません。音には本当の意味では正解はありません。正解があるとするならば「自分の好きな音」だったら正解でしょう。

    ありがとうございました♪


    ~今回のリペアプラン~

    ・PU本体改造・・・4000円


    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線  田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    http://dns-guitar.jp/