タグ別アーカイブ: 8弦

    dsc_1960
  • Ibanez RGIF8 ナット溝切り調整&トーンカット&調整 当日仕上げ

  • 2016/11/29
  • Category:
  • dsc_1960Ibanezのファンドフレットモデル、RGIF8のナット溝切り調整・トーンカット・調整の当日仕上げでした。

    ネックが大きく順反りし、ナット高が高く弾き難い状態です。また音抜けも良くないとの事でトーンカットする事となりました。

    完成後は音質も良くなり、かなり弾き易くなったとの事で嬉しく思います。

    ファンドフレットは高音弦側と低音弦側でスケール(長さ)が違い、低音弦はどうしても張力が弱くなり音程感がボヤけるのでその修正としてスケールを長くするか・太い弦で張力を高める事が調整のポイントです。その理想的な条件を適えた仕様です。

    ファンドフレットはまず見た目で「弾くのが無理そう」と思いがちなのですが、意外に弾いてみるとすぐ簡単に弾けるので違和感はすぐ取れる事でしょう。コード弾き等はちょっと普通のスケールと押さえる手の角度が異なるので、そこに今までとの違いで違和感が取れない人が出てくるかもしれません。購入の際は試奏でチェックしてみましょう。慣れるとファンドフレットも意外に使い易くて良いなぁと思ってきます。

    ありがとうございました♪


    ~今回のリペアプラン~

    ・弦交換・・・1500円(8弦)

    ・調整・・・2500円(8弦)

    ・ナット溝調整・・・3000円(8弦)


    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    http://dns-guitar.jp/


    DSC_0894
  • Ibanez j-custon8 8弦ギター 調整

  • 2016/07/22
  • Category:
  • DSC_0894Ibanez J-customの8弦モデルの調整です。

    8弦はベースの音域まで出せるので、8弦の音はもうギターの音ではなくなりますね。8弦の音をどうクリアに出力するかのセッティングが肝ですので、シビアなセッティングになります。やはり薄いネックに8本の弦を張るとネックも順反りし易い様で、今後が心配ではありますが定期的にメンテしながら使っていきましょう。

    ありがとうございました♪

     


    20160327_114414
  • Ibanez J.custom8弦 調整

  • 2016/03/27
  • Category:
  • 20160327_114414

    携帯修理で代用機種の写真撮りがかなり難しいですね・・・

    Ibanez J.customの8弦ギター調整です♪

    8弦でもIbanezの薄いネックを採用しており、さすがに弦張力も増え強度的に厳しいのかネックは大きく順反りしており弾き難い状態になっています。

    またネック状態を良く調整するとフレット状態があまり良くない箇所があり音が詰まる箇所がありました。お客様に何度か弾かせつつ弦高を可能な限りまで上げて音詰まりを無くした調整に仕上げました。

    ギターでダウンチューニングは音程感の再現率が低くなるので長いスケールのギターや太いゲージを使うのが一般的ですが、多弦ギターのパッシヴPUはまだまだ良い音が出せる様な固体が発展途上の印象です。しかしアクティヴPUにしてしまうとそれが解決できている様で、このギターは8弦の低音もしっかり出してくれるので違和感はありませんね♪

    メタル系のギターにEMGが付いてるのは多いですが、低い音程・深い歪みでも潰れない音を出力してくれるPUなので採用されてる理由が分かりますね。「EMGの音」と嫌うギタリストは多いのですが、どんなセッティングでも安定した音を出力してくれるので目線を変えれば「どの現場でも安定した音が出せる」と、かなりの用途で使う事ができる良いPUです♪

    ありがとうございました!