• dsc_2085
  • Western Electric 配線交換
  • 2016/12/10
  • Category:
  • dsc_2084 最近は知人からウエスタンエレクトリック配線材を端材で大量に頂いた事もあり、自分のギターの配線に使って試してみてその魅力に取り付かれております。以前のブログでもあった様にシングルコイルPUのギターには高域が出過ぎてマッチしない様に感じましたが、その辺りを上手くトーンで調整する使い方に変える事で幅広い音色に対応ができる音質レンジ幅の広さを実感するとあくまで使い方が今まで通りの使い方ではなくなっただけで、使いこなせさえすれば良いギターになるんだなと思いました。

    しかしその辺りのバランスを変えず今よりレベルアップする年代の配線は無いのかな?と尋ねた所、「じゃあこの配線が丁度良いかもしれない。」との事でまた余っている端材を頂いた↑の配線です。年代は不明だそうで太さは24GAの物、中はブラックエナメルです。dsc_2085今回も自分のギター、桜花にて配線を換えてみます。

    今回のウエスタンエレクトリック配線は年代が不明なのですが中身はブラックエナメルで24GAと細いので取り扱い注意です。細い単線は角度を付けて曲げてしまうと折れ易いので気を付けて配線していきます。

    特に問題も無く交換完了。音質は確かに50年代の配線と比べ突き抜ける様な高域ではないですね。シングルPUの良さを程好くレベルアップさせている感じです。高域がキツく出てこないのでバランスも変わらないですし、年代でこんなに音って変わるのも驚きですね。低音の出方も意外と柔らかさがあり「単線の音」ってイメージではありませんね。巻き弦の表現力も明快です。モタリがなくレスポンスが良いですね。これは違和感無く全帯域が良い感じになったと思います。

    dsc_2105さすがにギター本体の性能もありますので、ギター1本変えただけではまだ正確な判断は付き難い為、今度は自分のもう1本ハムバッカーのギターの配線を同じく交換する事にしました。

    交換後は先程の印象と変わりませんね。バランスを変える事無くレンジの広がり、低域を損なう事なくハイは痛くない。全帯域が豊かですね。低域が減ってハイが伸びてる様な音にならないのがGoodです。これならシングルPUでもハムでも、ギターを選ばず良い音にしてくれそうです♪

    今回は端材での実験だったので、これは自分でもこの配線欲しいなと思い、年代等の情報が無いのでいろいろ調べてみた所、プロケーブルさん所に販売がありました。恐らくこれと同じ物でしょう。

    ウェスタンエレクトリック WE 24GA (非メッキ、ブラックエナメル)

    意外に安い事にびっくりです。「業者さんはご遠慮ください」とありますが自分は業者扱いになってしまうのか・・・???それは分かりませんが物が無くなってしまう前に仕入れたい所です。いずれにしろ現在は作られていない配線なので無くなれば終了の配線材です。値段が高騰しても人気があるのはこうして使って実験していくとドンドンその良さが分かっていきますね。