• DSC_1986
  • MXR distortion+ 修理&MOD
  • 2015/06/16
  • Category:
  • DSC_1919

    MXR distortion+のリペアです!

    音が鳴らないので放置だった物の様で、勿体無いです…

    今回は途中でリペア内容が変わったりして、結果的には面白い実験もできました♪DSC_1927

    音が出ない理由はジャックでした!

    シールドを挿した感触に違和感があり、中を覗くとホットに当たる金具が曲がってて通電していません…

    確認し、ジャックを交換したら見事音が出ました♪DSC_1964

    そして追加依頼。

    「ボリュームが小さいのとSN比の改善から、モデファイとかできたりする?」

    となり、簡単にできる方法としてダイオード交換をする事にしました!DSC_1976

    実際にディーゼルを使って音を出しながら手持ちにあるダイオードを交換させてチェック♪DSC_1975

    音質等は好みもあるので、好きな音がするダイオードを選んでもらいました♪

    理科の実験みたいで面白かったです(笑)DSC_1982

    オペアンプはタイミングが合わず実験できてませんが、ソケット化しオペアンプの付け替えが可能になりました♪

    オペアンプも好きな音がする物を選べます!DSC_1977

    続けて追加依頼はトゥルーバイパス化・配線を全交換・DCジャックを普通の物に交換です!DSC_1984

    最終的に全体をいじるリペアとなりました!DSC_1983

    不便なDCジャックも交換したので、これだけ独立した電源を使う必要もなくなりました♪DSC_1986動作もOKです!

    今回は簡易的なモデファイですが、パーツを一部変えるだけでも音が変わる面白さを味わう事のできたリペアでした♪

    次はオペアンプを交換して好みの音がする物を見つけないとですね(笑)

    ありがとうございました♪

     

     


    今までやってきた全てのリペア状況を記載していたブログです↓

    過去ブログ(アメブロ)

    http://s.ameblo.jp/variations-hide/