カテゴリー別アーカイブ: YouTubeチャンネル







  • プロは意外と有名な物を使ってない?マイナー商品程に何故か良い物という現象 もっと視野を広げて本当に良い物を見つけてほしい ギタークラフトマン&ギターリペアマンの話 Vol.407

  • 2021/05/12
  • Category:
  • プロは意外と有名な物を使ってない?マイナー商品程に何故か良い物という現象 もっと視野を広げて本当に良い物を見つけてほしい ギタークラフトマン&ギターリペアマンの話 Vol.407



    今回はブログ&YouTube記事です。

    YouTubeを見ているお客様&ファンの方から度々聞かれる事なのですが「〇〇について話をして下さい!」と言われます。

    返答としては「どっかの動画で言ってますよ」と返します。それ位、私のYouTUBEでは話をしてない事は無い位にギター・ベースの深い話を沢山しています。

    今回で楽器関係の動画は407本目となりましたが、誰か熱烈なファンは各回で何を話してるのかデータベースを作ってほしいです。笑

    私もどこで何を話してるのか把握できてません。ただ自信はありますけど、聞きたいと思う事はタイトルや説明欄で単語を検索してみたら関連した動画が出てくるはずです。

    そして今回は「皆が知らないマイナーな物程、何故か良いよね」って話です。

    これは別に楽器に限らず他のジャンルでも同じ事が言えると思います。

    例えばマクドナルドより旨いハンバーガーは必ずありますし、ゴディバチョコレートよりも安くて旨いチョコレートはあります。

    イメージとしてはそんな感じです。

    ギターメーカーでもパーツでも同じ事が言えます。

    今回の動画ではアクティブPU=EMGのみと思われてますが、ベースではMECというかなり良いPUも存在します。
    古くからワーウィックに載ってますが、あまりこの良さを知られてません。
    私ならEMGよりもMECが良いと思います。値段は倍近くしますけど…。

    スタジオミュージシャン等の肩書を持つ人の使っている機材が分かり易いかもしれません。

    もちろんスタジオミュージシャンと言ったって数が多過ぎるので誰を参考にするかは任せますが、ベースだと古くからmoonやYAMAHAのイメージが強いです。
    PUはEMGやバルトリーニが多かったり。
    でも正直、一般の方は買わないでしょ?下手すると知らない人も多いと思います。

    アーティストの方もそうです。
    エンドース契約してるから使ってるパターンも多いので良い物だから使ってる訳ではない事もあります。

    インタビュー記事や、今だとYoutubeでのアーティストの会話に「レコーディングでは〇〇を使ってる」等、あれあれ?〇〇のエンドースしてるんじゃないの?といった失言を見る事があったりしますが、そういう事です。

    有名とは本当に物が良くてそれが広がっていった「本当に良い物」としてのパターンと、マーケティングを上手く行い知名度を手に入れたパターンがあります。

    大昔だと単純にギターメーカーが少ないので、選択肢が少ない事からそりゃ「有名なアーティストが使ってました」って言われても「そりゃそうだよね」って思いませんか?

    もちろんビジネスですからダメな事ではありません。

    ただ「良い物を低価格で手に入れたい」場合はしっかりと情報を判断しないといけません。

    「有名な物だから良い物に違いない」と判断して、値段が高くてそんなに良くない物を買っている人が多いのが現状です。

    別に普段のYouTUBEで話してますから今回もそう言いますが、リペア現場では楽器を触り値段を聞いて「その値段だったら安くてもっと良い楽器が沢山ありますよ」といった現象も多くあります。
    流石に相手が求めてもないタイミングでそんな事は口にしませんが、本当の事を知りたい方のみ持ち込んだ時に聞いて下さい。

    良い楽器は全然10万円台で買えますし、お客様のプロミュージシャンで活躍してるミュージシャンも改造やリペアを加えてますがフェンダーメキシコをメインで仕事をしていたりとそうした話をYouTubeではよくやってます。

    言葉が悪くなりますが「情弱」と「情報強者」と大きく違いが出て格差社会になるのは必然です。

    何故なら例えばGoogleやYouTUBEの情報は普段からあなたが見ている関連の情報をお勧めとして「選んで」表示してきます。
    あなたに合わせてAIが判断しています。

    普段から暇潰し動画や笑えるだけの役に立たない動画ばかり見ていると、そうした動画関連しか表示されていきませんので自分の知識は全く広がりません。

    普段から勉強になる動画を見ている人にはそうした勉強になる動画が表示され、新たな知識となる情報が関連に表示されてどんどん自分の知識が広がっていきます。

    分かりやすい身近な情報の格差社会はこんな感じで生まれます。ここは誰でも理解でき納得できると思います。

    ここまでは見てる人の責任ですが、次の問題はこうした情報を発信してる人が少ないという問題があります。

    元々こうした情報を求めてる層も少ないので、YouTUBEだと関連動画に乗り難く広がっていかないのも結構納得しています(だから拡散してー!)。

    探せば他のチャンネルで楽器に詳しい話をしてる人もいくつか存在しますが、決まって数字が悪いです。

    これらから「知ってる人がめちゃくちゃ強い」けど「知らない人はとことん弱い」と言った格差が出てると思います。

    こんなブログやYouTube動画をチェックしてる人は明らかに「情報強者」です。

    結構楽器に関しては有名な物を避け、マイナーなメーカーやパーツを選ぶだけでも音が良くて低価格な物が買える割合が高いです。

    有名で低価格で良い物と限定して言ったらYAMAHA位しか頭に浮かびません。

    何を買うかに困っていたらスタジオミュージシャンの機材を参考にしてみて下さい。

    可能な限り、そうしたアーティストとSNS上で繋がって情報を聞き出して下さい。

    楽器の事は演奏のプロに聞くのが1番良いです。あなたがプレイヤーならプロのプレイヤーの意見が一番体感として感じられると思います。

    もし演奏よりも機材視点なのであれば私の様なリペアマンが発信する情報が体感として得られると思います。

    プロプレイヤーは正直どんな楽器でも良いサウンドを鳴らしきれるので、私の考えでも機材の良さはどんなに良くても5割まで、残り5割は腕なのでその5割にン十万~数百万掛けるのはコスパ悪過ぎです。

    最大の改造は「弾く事」です。長年弾いた楽器は確実に音が良くなります。
    原因は分かりませんがギターベースを沢山作って体感してる私が言うんですから信じて下さい。
    だからヴィンテージ楽器に価値があるんです。希少とかじゃなくて、弾き込んだ楽器から出てくる豊かな音はパーツの交換等では絶対に出せません。
    その辺りを間違えないで下さい。ピカピカのヴィンテージ楽器からはそんな音は出てきません。

    日頃からこうした発信をしていたり、過去にも詳しい話を沢山していますので、気になる方は過去動画をあさって見てみて下さい。
    絶対に損はしないはずです。

    ありがとうございました♪


    〒114-0014 東京都北区田端1-21-3 エーデルワイス101

    ギターリペア工房 Draw a New Sound

    東京都 山手線 田端から徒歩2分 どこよりも早いリペア早期仕上げ対応可能のリーズナブル料金&丁寧な作業のギターリペアショップです♪

    ●ホームページ Draw a New Sound

    ●YouTubeではブログでは語られない裏話からギターの作り方まで掲載中! 
    マイチャンネル YouTubeチャンネル

    ●ツイッター DNS_Guitar